転勤族のマイホーム購入について - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:不動産売買

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

2 good

転勤族のマイホーム購入について

2012/04/12 09:44

toronさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『今迷っていることは、ハウスメーカーで建てるか、建売を購入するかです。』
につきまして、

住宅を購入する場合、
手取り収入に占めることになる住居費用(住宅ローン)の負担割合は、
とても重要となります。

toronさんのご主人様のご希望されるハウスメーカーに住宅を建ててもらった場合、
ご主人様の手取り月収金額に占める住宅ローンの負担割合は、
何%ほどになるのを計算してみてください。

一般的にご主人様だけ収入とした場合、
手取り月収金額に占める住宅ローンの負担割合としては、
28.0%ほどに収まっていないと、
住宅ローン負担で家計が圧迫されることにもなりかねません。

特に将来お子さまが誕生した場合には、
お子さまの教育資金負担も新たにかかるようになりますので、
その点も考慮したうえで、

家計にとって無理のない返済計画をたてた場合、
購入する物件はハウスメーカーとするのか、
あるいは建売を購入するのか、
を決定するようにしていただくとよろしいと考えます。

特に将来賃貸にです場合には、
toronさんのお考えの通り、
ハウスメーカーでも建売でも、
賃貸の価格が大きく異なるようなことはありませんので、
この点も含めてご検討ください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

転勤
教育資金
住宅費
住宅ローン
家計

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

転勤族のマイホーム購入についてアドバイス下さい。

住宅・不動産 不動産売買 2012/04/08 11:22

私達がマイホーム購入を検討している理由を挙げます。
1-持家があると、転勤した時の家賃負担が3万弱のみで、残りは全て会社負担となります。持家が無いと、家賃全額自己負担と… [続きを読む]

toronさん (埼玉県/28歳/女性)

このQ&Aの回答

転勤が必然の場合には住宅購入はせずに賃貸をお考えください。 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2012/04/08 20:53
転勤族のマイホームにつきまして 藤原 鉄平(不動産コンサルタント) 2012/04/11 16:33

このQ&Aに類似したQ&A

購入した投資マンションの今後の扱い shiobayさん  2013-01-30 13:06 回答3件
一生住まない家を建てるか、それとも賃貸で暮らすか かぷりこさん  2013-01-16 11:29 回答1件
旧借地権の購入について はなやっこさん  2015-03-21 07:25 回答1件
年収350万で戸建購入 midori33さん  2012-12-04 13:12 回答1件