Re:歯科矯正では顎関節も必ず治さないと? 青山審美会歯科矯正 - 小谷田 仁 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:矯正・審美歯科

Re:歯科矯正では顎関節も必ず治さないと? 青山審美会歯科矯正

2012/04/03 00:23

(回答)
顎関節症にスプリントを用いる目的は、偏位した下顎を適正な位置に誘導する事によって、筋肉の緊張や関節に対するストレスを軽減すると同時に、
顎関節症の症状が筋肉性のものか顎関節内部のものか鑑別診断するために行います。
矯正治療においては、特に顎関節症のある患者さんに対して、矯正治療を始めてる際に最も大切な適性で安定した下顎の位置を確認するためにスプリントを用います。
したがって、顎関節症の場合は、矯正治療を始める前にスプリントを用いるのは適正な方法といえます。

ただし、24時間スプリントをつけることは確かに大変な事はよく分かりますので、先生に率直に相談して、スプリントの使用を限定的にしてもらってはいかがでしょうか。
そして、担当医があなたの切実な気持ちを全く理解してくれない場合には、転医を考えるべきでしょう。

顎関節症・顎の音・顎の痛み・歪んだ顔、顎のストレス
http://www.aoyama.or.jp/gaku.html

青山審美会歯科矯正クリニック(JR渋谷駅、表参道)
〒150-0002東京都渋谷区渋谷2-9-9 アサックスビルB1 TEL03(3409)3849
院長の専門分野 舌側矯正(ぜっそく矯正)、リンガル矯正、裏側矯正
http://www.aoyama.or.jp/
http://www.koyata.com/class.htm

矯正
歯科
関節
顎関節症
顎の痛み

回答専門家

小谷田 仁
小谷田 仁
( 東京都 / 歯科医師 )
医療法人社団審美会 青山審美会歯科矯正クリニック
03-3409-3849
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

約30年の実績による舌側矯正と審美矯正。質の高い治療に努めます

東京都渋谷区にある、矯正歯科・審美歯科・歯列矯正の専門医です。 特に舌側矯正(裏側矯正)に関しては、開業医としては日本で初めて全面的に臨床に取り入れ症例数4400件以上(1980年1月~2011年1月)を超えています。確かな技術と安心の提供に努めています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

歯科矯正では顎関節も必ず治さないといけないのでしょうか?

心と体・医療健康 矯正・審美歯科 2012/03/30 18:05

現在矯正歯科で治療を始めたばかりです。自分では自覚は全くないのですが、調べてもらったら顎関節症だといわれました。それで、矯正治療の前にスプリント治療をすること… [続きを読む]

riekoriekoさん (福岡県/41歳/女性)

このQ&Aの回答

歯列矯正と顎関節症について。 Dr.TSUBAKI(歯科医師) 2012/03/31 10:55
顎関節症の診断 福島 一隆(歯科医師) 2012/04/02 20:02
顎関節症の徴候 袋 晃子(歯科医師) 2012/03/31 09:10

このQ&Aに類似したQ&A

舌側矯正、出っ歯、抜歯、隙間、二年埋まらない! ハーフリンガルさん  2016-02-04 00:19 回答3件
過蓋咬合の矯正について。 dora_nihonichiさん  2014-08-06 22:32 回答1件
噛み合わせを無視して歯並びだけ治して良いものか… bnyago2000さん  2013-05-12 13:10 回答2件
顎関節症ですが咬合矯正は必要ですか? みりみぃーさん  2012-02-03 12:49 回答2件
噛み合せの矯正 ガレージさん  2007-07-17 13:23 回答2件