基本的に個人事業主と会社の業務は別の扱いになります。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:労働問題・仕事の法律

渋田 貴正

渋田 貴正
組織コンサルタント

- good

基本的に個人事業主と会社の業務は別の扱いになります。

2012/03/28 13:22
(
5.0
)

拝見した限りでは、従前からおやりになっている個人事業主の業務と会社の業務は別物とお見受けします。
この場合、収入については、今まで通り個人事業主の収入となり、所得税の対象となります。
ただし、会社名義で新たに業務を行う場合には会社の売上となり、法人税の対象となります。

個人事業主としての開業届はそのままで結構です。

代表取締役になったからといっても、パート先で実際に働く以上は雇用保険に影響はありません。
報酬が0のため社会保険への二重加入の問題も生じないとは思いますが、パート先への報告については二重就業禁止の規定等があれば、形式的な肩書である旨お知らせはしたほうがよいかもしれません。

ご不明な点があれば再度お尋ね頂ければと思います。

報告
雇用保険
個人事業

評価・お礼

edogawamam さん

2012/03/29 20:53

ありがとうございました!
これで一歩前進できました。
また何かありましたら、お力をお貸しください。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

代表取締役社長になることについて

キャリア・仕事 労働問題・仕事の法律 2012/03/20 20:58

先日「開業」のカテゴリーで質問をしましたが、
回答が得られなかったため、再度こちらで質問させていただきます。

夫が株式会社を設立するにあたり、代表取締役社長に妻である私になってほし… [続きを読む]

edogawamamさん (東京都/51歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

個人事業主で開業の支援。 prius2000さん  2010-12-20 17:41 回答1件
競業の範囲に入るでしょうか? バッファローさん  2011-10-23 18:30 回答1件
退職時の秘密保持に関する誓約書について ゆえりんさん  2008-06-17 11:37 回答1件
個人事業の経費について edogawamamさん  2012-07-01 13:05 回答1件