住宅購入について - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

2 good

住宅購入について

2012/03/11 09:26

a-y-a-a-y-aさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『そこに修繕管理費や固定資産税が必要なことも計算して今回話をすすめてきましたが、
無謀でしょうか?』
につきまして、

一般的に住宅を購入する場合、
購入した後からのローン負担を少しでも軽減するためにも、

頭金として、物件価格の20%相当額プラス諸費用分につきましては、
予め用意したうえで、住宅を購入するようにします。

例えば、上記の条件のにつきまして、
借入金額は諸費用を含めると3,260万円となります。
これをローン金利2.0%・35年返済とした場合、

毎月の返済額は、108,000円ほどとなります。

これに対して、諸費用と頭金を用意できた場合、
借入金額は2,640万円となりますので、

毎月の返済額は、87,500円ほどで済みます。

月額20,500円も安く済むことになりますし、
住宅ローンの審査に当たっても、
借入金が空くない分、
ローン審査に通りやすくなります。

また、a-y-a-y-aさんの場合、
お子さまがふたりいますので、

住宅ローン返済以外にも、
将来の教育資金負担のことも十分に考慮したうえで、
無理のない返済計画をたてる必要があります。

住宅ローンを組む場合に忘れてはならないこととして、
幾らまで借りられるかではなく、
幾らまでならば無理なく返済していくことが出来るのかということになります。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

住宅購入
教育資金
住宅ローン
ローン審査
ローン返済

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

無謀でしょうか?

マネー 住宅資金・住宅ローン 2012/03/10 23:23

夫33歳年収400万(正社員)
妻29歳年収150万(パート)
子供2歳、4歳

頭金300万で
中古マンション3300万+諸経費260万
を考えています。

夫妻合算収入で事前審査は通ってますが満額ではないそうです。
数日後に詳… [続きを読む]

a-y-a-a-y-aさん (東京都/29歳/女性)

このQ&Aの回答

無謀でしょうか?について 中原 秀樹(不動産業) 2012/03/11 17:41

このQ&Aに類似したQ&A

社宅のままか、マイホーム購入か ロペスさん  2014-02-10 00:47 回答3件
3800万の物件を購入しても家計が破綻しませんか? ぽんざえもんさん  2015-03-03 07:47 回答1件
超低所得世帯の金利の選び方(変動、固定、フラット) まるちゃん☆さん  2011-07-14 00:34 回答3件
10年間住む予定のマンション購入について RJ-TCさん  2010-03-04 02:20 回答3件
住宅ローンの返済が難しい場合 ちょびちょびさん  2010-02-09 20:18 回答3件