腹部のしこりについて - 沖田 将人 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

腹部のしこりについて

2012/03/05 00:00
(
5.0
)

 はじめまして、アレス動物医療センターの沖田と申します。

 歯石除去を一緒にすべきかどうかは別として(どの程度のものかもネット上ではわかりませんし)、2cmの腫瘤は手術したほうがよいのではないでしょうか。
 人間もそうですが、腫瘍は必ずしも痛みは伴わず、基本的にはどこか大切な臓器に転移しない限りは、元気も食欲もあります。
 そういう意味では、元気や食欲がなくなったころにはどこかに転移してしまった後であり、そのころにはもう手遅れとなっています。

 手術をするならば今、という気がします。
 もちろん血液検査で全身麻酔に耐えうる状態であること、レントゲン検査で肺転移などが認められないことなどの事前の検査をクリアしてからとは思います。
 ただ悪性ならば少しでも早く取ってあげたほうが良いですし、良性ならばはっきりさせて後顧の憂いを断つのが良いのではないでしょうか。
 何もせず後に後悔するよりは、早め早めの対応がよいのではと思います。

 一度他院で検査を受け、セカンドオピニオンとしての意見を聞いてみることもよいとは思いますが、手術以外の検査となると、やはり前回同様注射器によるバイオプシーでの検査になると思われます。
 この検査は麻酔が必要ないというメリットがあり、その代わり必ずしも重要な病変部を調べられるとは限らないというデメリットがあります。
 もしかしたら、同じような検査結果、意見になるかもしれませんが、全身麻酔という大きな決断のために、他の先生の意見を聞いてみるということはけして悪いことではないと思います。

 あくまで仮定の話ですが、もし同様の患者さんが目の前に現れたら、血液検査、レントゲンに異常がなければ、おそらく私も腫瘤摘出はお勧めするのではないかと思います。

腫瘍
検査
手術
痛み
食欲

評価・お礼

wankokko さん

2012/03/05 01:00

早々とご回答をいただき、有難うございます。
私も愛犬の年齢と体力を考えたらもう後はないと思い、自分でもネットで調べてみたのですが、どこにもバイオプシー検査のデメリットについては書かれて無く、検査の結果が曖昧なことに不信感を持っていました。
(去年母が亡くなる前の手術に色々と問題があったので、特に神経質になっていたのかもしれません。)
でも分かり易い説明と先生の仮定のお話を読んで安心しました。
家族ともう一度相談の上、手術を考慮してみます。
有難うございました!!

回答専門家

沖田 将人
沖田 将人
( 富山県 / 獣医 )
アレス動物医療センター 院長
0766-25-2586
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

地域に密着したワンランク上のホームドクターを

アレス(Alles)とはドイツ語で「あらゆること」を意味します。インフォームドコンセントの充実、夜間救急診療、年中無休など動物たちの幸せにつながることなら、飼い主様のあらゆる要望にお応えしたい。そんな願いを込めて診療に取り組んでいます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

腹部のしこり

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2012/03/04 14:00

お世話になります。

今年10歳になる愛犬の腹部に2センチ程の柔らかいしこりがあるのを去年に気づき、直ぐにいつも診て貰っている動物病院で調べて貰いました。
バイオプシーという検査でしたが、結果「癌なのか脂… [続きを読む]

wankokkoさん (兵庫県/38歳/女性)

このQ&Aの回答

Re:腹部のしこり 苅谷 和廣(獣医) 2012/03/15 14:45

このQ&Aに類似したQ&A

子宮蓄膿症と診断されました yuki97さん  2009-06-15 02:46 回答2件
下腹部に触れると悲痛な叫びを上げます… uraponさん  2015-07-17 00:42 回答1件
子猫 繰り返す嘔吐と食欲不振 n-pincoさん  2012-04-11 20:23 回答1件
腎臓癌の摘出手術後、治療中に死亡 ハッピー1さん  2009-11-25 00:06 回答1件