コーキングは撤去が基本ですが・・・ - 田中 徹正 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

田中 徹正 専門家

田中 徹正
リフォームコーディネーター

1 good

コーキングは撤去が基本ですが・・・

2012/02/29 16:52

はじめまして、トーシンリフォームの田中と申します。

さて、お悩みについてですが、ALCの外壁の改修において、
コーキングは撤去が基本です。
理由は、コーキングの寿命が10年程度だからです。


しかし、実際の工事となると、撤去しないケースも多々あります。

コーキングの劣化が軽度な場合です。
劣化した箇所だけを部分的にコーキングの打ち直しをして、塗装をする。
アステックペイントなどの、弾力性のある塗装をすることで、
重ね塗りをすることで、防水性能を高める事も出来ます。


ALCに似た材料で、サイディングと言うものがありますが、
サイディングの場合は、コーキングの打ち直しは、必須です。

ALCの場合は、サイディングと違い、コーキングを打った後に、
塗装をしてあるので、コーキングが劣化しにくいと言うこともあり、
劣化の度合いが低い事も多くあります。

築14年であれば、当社の施工では、打ち直しをすることの方が多いですね。


サッシ周りが違うコーキングと言うのは、たまにありますね。
サッシ周りのコーキング部分に外壁と同じ塗料が、塗装をされていないケースです。
化粧コーキングといいます。


外壁の補修や目地部分に使うコーキングは、通常、ウレタンです。
サッシ周りのコーキングには、変性シリコンがよく使われます。
(耐久性や上塗りのペンキとの相性などが理由です)


結局、リフォーム工事は、信頼できる人に頼むのが一番です。
業者さんは慎重に選んでくださいね。

良いリフォームになる事を願っております。

株式会社 トーシンリフォーム  代表 田中徹正  
ホームページ www.ts-rf.jp

リフォーム
防水
塗装
材料
外壁

回答専門家

田中 徹正
田中 徹正
( 神奈川県 / リフォームコーディネーター )
株式会社 トーシンリフォーム 代表取締役
0120-775-388
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

リフォームは誰がやるかが一番大事!

初めまして(株)トーシンリフォーム 代表の田中です!リフォームは人の手で作り上げるものです。どんなにいい材料でも、生かせるかどうかは、職人の腕次第なんです。トーシンリフォームは、腕利職人が丁寧な仕事をする事を約束します!

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

ALC外壁のメンテナンス

住宅・不動産 リフォーム・増改築 2012/02/29 15:26

鉄骨造・外壁はALCで塗装がされています。築14年になり継ぎ目が傷んでいるのがわかります。外壁塗り直しに際して継ぎ目の処理は業者さん任せで良いのか悩んでいます。元工事の工務店によるとコーキング材を完… [続きを読む]

syufudesuさん (東京都/47歳/女性)

このQ&Aの回答

基本は古いコーキング材を撤去することです 伊藤 裕啓(建築家) 2012/02/29 15:59

このQ&Aに類似したQ&A

マンションの全体リフォーム(外壁・屋上防水) チョロ太さん  2011-01-26 23:18 回答2件
RC造のサッシリフォーム 木造用サッシの使用は? とむじぇりさん  2009-05-30 18:55 回答2件
外装、内装リフォームについて。 ぶーさん  2009-04-26 16:40 回答3件