資産運用プランの見直しをお勧めします - 吉野 充巨 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

資産運用プランの見直しをお勧めします

2007/07/25 08:59

すいか様 初めまして。CFP®の吉野充巨です。

現在の金融資産の現状がわからないのですが、住宅ローンを組むことをお考えなので、3,500万円以下の保有金額と拝察の上回答いたします。

50歳を過ぎた後の住宅ローン(借入金)はお勧めできません。仮定として、10万円の家賃をそっくり返済に回し、65歳までの15年元利均等払い、金利3.2%とした場合の借入可能額は約1,770万円です(財.住宅保障機構シュミレーション)。
3,500万円の住宅の購入には、必要経費も入れて同額以上の頭金(約2100万円以上)が必要です。そしてリフォーム代も必要になるかもしれません。
また、築20年以上の家屋での賃貸は、10万円で貸すことが出来ても、修繕費(リフォームは必要です)、クリーニング代、固定資産税等々の費用がかかり、そして空家率からも、実質的な利益は半分以下と推察いたします。老後の資産運用になりませんのでご注意願います。

60歳までの資産形成では、現在の保有金融資産と毎月積立で投資・運用するようお勧めします。
まず、今後のライフ・プラン作成をお勧めします。将来の計画とその費用を年次に沿って書き出すイベント表と年間の収入、支出そして貯蓄額を年度に沿って記入するキャッシュフロー表を作り、将来の家計全体を把握してください。その上で60歳時点の貯蓄目標値を決め、リスクを低く抑えた運用をお勧めします。住宅ローンを抱えた賃貸経営はハイリスクです。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローン教育費が終わった後の老後資金

マネー 家計・ライフプラン 2007/07/24 23:15

夫49歳会社員年収550万円妻47歳パート年収130万で60歳まで働くとして、持ち家築20年を賃貸で貸し出し、中古住宅3500万円程度を住宅ローンを組みたいと思います。老後の為の資産運用としてはいかがでしょうか?持ち家近隣貸し出し予想価格は、月額10万円相場です。

すいかさんさん (大阪府/45歳/女性)

このQ&Aの回答

老後のための資産運用について 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2007/07/25 00:04
足元をしっかり固めましょう。 大間 武(ファイナンシャルプランナー) 2007/07/25 09:29
新たなローンはリスク大 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2007/07/25 07:06
永続的に賃貸収入があるか? 阿部 雅代(ファイナンシャルプランナー) 2007/07/25 09:37

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローン終了後の資産運用について 妙介さん  2011-06-11 15:49 回答3件
年間いくらぐらいの貯蓄が必要ですか。 レインデッキさん  2013-06-26 10:18 回答1件
退職金は住宅ローンの返済優先したいが ruaruaさん  2012-09-23 00:20 回答4件
家計診断をお願いいたします≪貯蓄と生活の質≫ minami0227さん  2012-06-12 10:39 回答4件
保険の見直しと住宅、教育、老後の資金 こりんりんさん  2012-06-06 10:32 回答2件