まずはビジネスプランの再考を - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

まずはビジネスプランの再考を

2006/06/15 10:17

ビジネスプランにおける普遍の定理があります。

「売上予測は下振れするが、必要資金は下振れしない」

ビジネスを始める前の段階で既に資金が不足しているのであれば、ビジネスプランの練り直しが必要です。
逆に、あいまいな設立準備資金の中身を精査してみるのも効果的かと思います。実際に起業されるわけですから、関係業者に見積もりをとって、あいまいな資金計画をより具体的な数値に置き換える作業をしてください。

足りない資金を金融機関からの借入なしで調達する場合、この修正されたビジネスプランが役に立ちます。

親族、友人、知人から資金を借入る場合、経営者の人柄と、どれだけそのビジネスを真剣に考えているのか、そして、もちろん返済能力があるのかという点がポイントになります。

大雑把なビジネスプランでは、そうした人の心を動かすことはできませんし、返済能力を疑われても反論できないでしょう。

重要なのでもう一度書きます。

「売上予測は下振れするが、必要資金は下振れしない」

この考え方をベースにもう一度ビジネスプランを練り直してみてください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

会社設立時の資金について

法人・ビジネス 会社設立 2006/06/14 22:33

現在、独立して起業を考えています。しかしながら、自分がストックする資金では、起業するまでに足りず困っています。資金の集め方、また金融機関からの借り入れなしで進められるポイントなど教えてください。

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

このQ&Aに類似したQ&A

会社設立にかかる日数について 専門家プロファイルさん  2006-06-14 22:32 回答2件
会社設立にかんして エスティさん  2014-05-17 15:00 回答2件
海外在住、日本で起業するには、、、 オルポさん  2012-05-02 00:54 回答1件
新会社法での会社設立のポイントは? 専門家プロファイルさん  2006-06-14 22:06 回答1件
親族のみの合同会社設立について ask-marimoさん  2014-09-22 22:50 回答1件