家計の正常化に向けての3つのプラン - 宮下 達裕 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

宮下 達裕 専門家

宮下 達裕
保険アドバイザー

7 good

家計の正常化に向けての3つのプラン

2012/02/13 16:53

はじめまして。お客様に有利な保険提案を得意とするファイナンシャルプランナー宮下達裕です。

ご相談者様は真剣に悩まれているようですね。ぜひお力になりたいと思って回答させていただきます。

私のマネーセミナーでもよくお話しをすることですが、
手元に残るお金を増やすためには、3つしかありません。

 1収入を増やす
 2支出を減らす
 3運用する

1収入を増やす

職業を変える、仕事のない時間(夜間や土日)の副業もご検討ください。
お子様はお母様がいらっしゃるので、ご相談者様ももっと労働時間を増やしたり、収入を得られる仕事を探してみてはいかがでしょうか?

もちろん、もちろんいろいろな"いい訳"もあるかも知れませんが、
貯金が底をつき、家族会議をしたくらい切羽詰まっているのですから、
いい訳をしている場合ではない状況です。数年間は休みなく働くことも覚悟ください。
早急に収入アップする手段を考えてください。

2支出を減らす

保険料を削減することは充分可能かと思います。
詳細は分かりませんが、お母様の保険は再加入することが難しくなる可能性もあるので、現状維持がベストです。
終身保険はすべて解約をし、定期保険にしてみましょう。
場合によっては共済なども検討する必要があります。

3運用する

今回のご相談内容ですと、長期的なスパンでの運用は避けましょう。
"今"お金を増やすために、個人年金保険も解約することも検討してください。

4逆転の発想

上記お伝えした123の方法の逆で、経費をアップさせて、収入を減らして、税金を減らすという方法です。

ご相談者様は営業職ということですので、確定申告で税金が還付される可能性があります。

営業職はもらっている給与の形態によっては経費を算入できるので、所得を圧縮することが出来ます。
すると払いすぎた所得税、住民税が戻ってきますので、詳しくは税務署や税理士にご相談されることおすすめします。

1日も早く家計が正常化することを祈っています。
ご不明点などありましたら、"この専門家に質問"ボタンからご相談ください。

税理士
セミナー
個人年金保険
家計
確定申告

回答専門家

宮下 達裕
宮下 達裕
( 保険アドバイザー )

お客様に有利な保険をご提案することが私の使命です。

保険会社によって、得意分野があるのをご存知でしょうか?医療保険が強い会社もあれば、煙草を吸う方にやさしい会社もあります。そんな保険会社の特徴を活かし、保険会社の強みを活かしたプランニングを得意としています。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

将来が不安です。

マネー 家計・ライフプラン 2012/02/11 22:06

はじめまして。家族会議を開いても、これといった解決策が思いつかず、困っています。我が家の毎月の収支です。
「収入」 夫(43歳)手取り29万 私(33歳)手取り10万
     娘(9歳) 子供手当… [続きを読む]

ともぴおさん (北海道/33歳/女性)

このQ&Aの回答

家計の見直しについて 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2012/02/12 10:52

このQ&Aに類似したQ&A

将来が不安です 虎の巻さん  2008-06-15 16:51 回答5件
40代の賢いお金の貯め方は? とおちゃんさん  2010-01-27 23:32 回答3件
高齢夫婦の子供の教育費出産は可能か nunuさん  2009-01-23 16:32 回答5件
子供が産まれますが、ギリギリの家計で心配です shimakoさん  2008-09-12 13:41 回答3件
家計診断・老後資金の相談お願いします。 ケツメらぶ☆さん  2008-08-08 13:55 回答5件