ときどき特集を組んで腕を上げてみて! - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:広報・PR・IR

岩井美樹

岩井美樹
コピーライター

10 good

ときどき特集を組んで腕を上げてみて!

2012/02/12 00:15
(
5.0
)

ほぼ前述の回答者の方のアドバイスでバッチリだと思います。

さらに言えば、編集担当の方のアイデア力や、新しいものの見方を磨くために
編集者のスキル向上もかねて、ときどき特集を組んでみるのもいいかなと思います。

そう、社員が主役で登場する特集です。

 ○新人研修なら、突撃ルポ!
 ○営業ナンバーワンの極意を学ぶ 1日完全密着ルポ
 ○●●●のお仕事術などと称して、その課の全員を登場させて、全員コメントと写真を載せる
 ○愛読書紹介やストレス解消法などの役立つ情報をアンケートをとって数人ずつ紹介する
 ○日頃聞けない会社の疑問を投げかけ、上司や担当の課が回答するコーナー

などなど、特集を組んで編集者のアイデア脳を爆発させることも大切です。
そこで出てきた、わが社ならではの個人の魅力をどこまで引き出せるかという、前向きなチャレンジを続けてほしいと思います。

会社の顔であり、強いコミュニケーション力となる社内報の役割は、大きいです。
常に、いろんな情報誌に触れ、考えることを楽しみにできるといいですね。
誇りと自信を持って、いろんなチャレンジをしてみてください。応援しています。

編集者
コミュニケーション
情報
スキル

評価・お礼

おななはん さん

2012/02/12 17:57

岩井さま
ありがとうございます!
「ワンパターン、マンネリ」とよく言われ、自分でもそう思っていましたが、
自分自身の思考パターンそのものが、マンネリになっていた、と気づかせていただきました。
アイデア脳を爆発させる!!
自己変革から取り組んでみます!

岩井美樹

岩井美樹

2012/02/19 07:57

早速のお礼などありがとうございます。
社内報制作って、ストレスが溜まりやすいところがあります。
社員である自分に向けたケアのための使える企画や記事が、
意外にウケがよかったりもします。
編集者などの集まりなどで情報交換をしたり、
おななはんらしいアイデア脳で、常にピンチをチャンスに変えてください。

(現在のポイント:11pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

社員紹介コーナーの新鮮味を出すには

法人・ビジネス 広報・PR・IR 2012/02/04 20:15

社内報編集者です。
定例記事として毎号、社員紹介のコーナーを設けていますが、
読者から「ワンパターン。新鮮味がない」と言われます。
でも、社員登場企画は続けたいのです。
どのような工夫を凝らせばいいでしょうか?

おななはんさん (静岡県/46歳/女性)

このQ&Aの回答

もっと個人にフォーカスしてみる 豊田 健一(広報コンサルタント) 2012/02/04 20:43

このQ&Aに類似したQ&A

社員が登場する表紙写真の撮り方 おななはんさん  2012-02-15 22:13 回答2件
社内報の効果や評価を測定するには? 龍々さん  2012-04-17 18:45 回答2件
発行責任者として おななはんさん  2012-03-21 16:35 回答2件
職場紹介の新たなコンテンツ おななはんさん  2012-02-28 13:41 回答1件
社内報の企画の立て方は? みっきゃんさん  2012-02-16 16:27 回答2件