もっと個人にフォーカスしてみる - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一

豊田 健一
広報コンサルタント

6 good

もっと個人にフォーカスしてみる

2012/02/04 20:43
(
5.0
)

もっと個人にフォーカスしてみるとよいでしょう。

よくある社員紹介は、お仕事の概略を記すことにとどまっているものが多いかと思います。
そうではなくて、例えば、
・仕事でなくてはならないものの紹介
・仕事での結果自慢
・仕事での知識自慢
・資格自慢(仕事、プライベート)
・おすすめ書籍紹介
というように、なにか特定のものに絞ってみるといいでしょう。
あるいは、
・プライベートでの趣味紹介
・おすすめお昼のお店紹介

趣向を変えて、他己紹介にしてみるのも手です。
日ごろの感謝を表したり、PRしてあげたり。

さらに、「社員紹介」はコーナー名ですから、
サブタイトル、キャッチを別につけると新鮮味がでるかもしれません。
「なくてはならない仕事道具」
「教えたくなかったこのお店」。
そのようなサブタイトルをつけて、さらにキャッチでひきつけましょう。

新人紹介では、今年のキーワードは「○○」。
中途社員紹介では、「前職力で勝負します」とか、定番記事でもいろいろと変化をもたせることは必要でしょう。

フォーカス
キャッチ
PR
仕事
個人

評価・お礼

おななはん さん

2012/02/07 22:25

ありがとうございます。
そうですね、ありきたりな紹介でなく、
ピンポイントに絞ってみれば良いのですね!
そして、今後はサブタイトルをつけて、
その人ならではの個性が出るように心がけます。

豊田 健一

豊田 健一

2012/02/07 23:23

社内報に取り上げられて良かった、
社内報に掲載されて良かった、そのように思われるように、
登場人物を思いっきりPRしてあげることがポイントです。

そこから社内報のファン作りは始まると思います。
思い出になるような誌面づくりを目指したいですよね。

自分だったら、どのように取り上げてもらったらうれしいか、
そのように考えると、いろいろと工夫できると思います。
頑張ってください!

(現在のポイント:11pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

社員紹介コーナーの新鮮味を出すには

法人・ビジネス 広報・PR・IR 2012/02/04 20:15

社内報編集者です。
定例記事として毎号、社員紹介のコーナーを設けていますが、
読者から「ワンパターン。新鮮味がない」と言われます。
でも、社員登場企画は続けたいのです。
どのような工夫を凝らせばいいでしょうか?

おななはんさん (静岡県/46歳/女性)

このQ&Aの回答

ときどき特集を組んで腕を上げてみて! 岩井美樹(コピーライター) 2012/02/12 00:15

このQ&Aに類似したQ&A

社員が登場する表紙写真の撮り方 おななはんさん  2012-02-15 22:13 回答2件
社内報の効果や評価を測定するには? 龍々さん  2012-04-17 18:45 回答2件
発行責任者として おななはんさん  2012-03-21 16:35 回答2件
職場紹介の新たなコンテンツ おななはんさん  2012-02-28 13:41 回答1件
社内報の企画の立て方は? みっきゃんさん  2012-02-16 16:27 回答2件