住宅購入について - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

5 good

住宅購入について

2012/02/03 10:01

no3さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『今は金利が安いということもあって、返済額だけをみると問題なさそうにな気もしますが、
実際のローン額と自分たちの収入を比較するととても無理なのではないかとも思います。』
につきまして、

住宅を購入する場合、
購入したあとからのローン負担を少しでも軽減するためにも、

頭金として物件価格の20%相当額プラス諸費用分につきましては、
予め用意したうえで、住宅を購入するようにします。

尚、no3さんの場合、
物件価格5,000万円に対して、
頭金額は1,200万円ほどのようですから、
20%以上の金額を用意できていることになります。

また、住宅ローンを組む場合、
ローンを組んだあとから家計を過剰に圧迫されないためにも、
ご夫婦で共働きということでしたら、

ふたり合わせた手取り月収金額に占める住宅ローンの負担割合として、
30%ほどに収まるように、住宅ローンを組むようにしていってください。

尚、住宅ローン商品を選択する場合、
ほぼ毎年のように繰り上げ返済を行うことが可能ということでしたら、
早期完済を目指すことになりますので、
ローン金利も低くて済む、
変動金利や短期固定金利で住宅ローンを組むことになります。

ただし、ローンの更新にともない、
ローン金利の見直しも頻繁に行われますので、
返済の途中からローン金利が上がってしまい、
毎月の返済額が将来増えていってしまう可能性があります。

よって、住宅ローン商品を選ぶ場合には、
将来予定しているライフイベントやライフイベント資金のことも十分に考慮したうえで、
無理のない返済計画たてるようにしていってください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

相談
住宅購入
住宅ローン
返済
家計

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

厳しいでしょうか

マネー 住宅資金・住宅ローン 2012/02/02 12:29

現在マンション購入を検討していますが、
金利が安くなっているせいなのか、普通に考えたら無理ではないかと思える物件ですが、
ローンの審査が通りそうな状況です。
自分たちの収入から考えて少し高すぎるので… [続きを読む]

no3さん (北海道/34歳/男性)

このQ&Aの回答

厳しいでしょうか 藤森 哲也(不動産コンサルタント) 2012/02/04 21:53
変動金利を前提に考えないこと 森 久美子(ファイナンシャルプランナー) 2012/02/03 10:32

このQ&Aに類似したQ&A

10年間住む予定のマンション購入について RJ-TCさん  2010-03-04 02:20 回答3件
住宅ローンについて。 k2k2さん  2012-06-06 01:16 回答1件
住宅ローンについて accoaccoさん  2010-07-21 00:39 回答7件
購入しても大丈夫でしょうか? matya41さん  2010-06-23 17:10 回答8件
マンション売却か賃貸か モンスターくんさん  2015-11-20 01:44 回答2件