分割に応じる必要はありませんが。。。 - 田島 充 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

分割に応じる必要はありませんが。。。

2014/08/19 15:43

 ご質問ありがとうございます。
 精神的にも疲れていらっしゃるということのようなので、少しでも早い解決のためにお役に立てればと思います。
 35年前の土地の無償贈与について、法律的に分割に応じる必要はないと思われます。
 不動産の贈与契約において、所有権の移転登記がなされたときは贈与の履行が終わったとみなされます。今回の場合、弟さんが登記を確認して贈与を知ったということは移転登記がなされているということですのでこの土地は有効に質問者様のものになっているといえます。
 つまり、贈与の契約が成立しその履行も終わっていますので、この土地はそもそもお父様の遺産には含まれないことになります。よって相続の対象ではなく質問者様本人の土地ですので、弟さんの言うように分割に応じる必要はないのです。
 しかし、お父様から贈与を受けてから7年後にお父様がお亡くなりになっていますので、土地は質問者様がすべて受け取り、その他の遺産も弟さんと同じということになりますと弟さんも納得いかないかもしれません。よって、お父様がお亡くなりになったときにその土地以外にも財産があって質問者様がその資産を受け取られたのであれば、土地の分を差し引いて多少は弟さんに譲る必要があるかもしれません。
 よろしければ参考にしてみてください。

分割
贈与
遺産
土地
相続

回答専門家

田島 充
田島 充
( 京都府 / 行政書士 )
行政書士四条烏丸法務事務所 所長
075-741-8178
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

京都の頼れる行政書士

元公務員としての経験を活かし、法と行政サービスを織り交ぜ、お客様それぞれに合った柔軟な対応をお約束致します。複雑困難を要する案件は勿論、身近なお困り事に至るまで、全力でサポート致します。是非、初回の無料相談で当事務所の雰囲気を感じて下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

遺産相続における生前贈与の時効について

暮らしと法律 民事家事・生活トラブル 2012/01/29 19:36

初めて質問を差し上げます。
よろしくお願いいたします。

父が28年前に亡くなりました。
申し訳ありませんが、その際、遺産分割をどのようにしたか、記憶が曖昧です。

父名義であ… [続きを読む]

こりごりさん (大阪府/62歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

高齢のおばを残し嫁が出て行きました なすさん  2012-09-16 20:59 回答1件
特別受益について mame1103さん  2014-09-25 13:53 回答1件
借地の法律っておかしくない? カトリせんこさん  2014-09-08 20:12 回答1件
統合失調症の息子が遺産相続するとき SITUMONさん  2012-07-05 23:57 回答1件