他の方が所有されている土地の購入を進めたい場合 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
中石 輝

中石 輝
不動産業

2 good

他の方が所有されている土地の購入を進めたい場合

2012/01/23 03:22

 ご質問のようなケースは、よくあることではありますが、結局のところ、所有者様に土地を売らなければならない理由、土地を売ろうという意思がなければどうにもなりません。

交渉事は、相手方が交渉のテーブルについて初めて成立するものであって、交渉のテーブルについていない段階で、一方的に自分の要望だけをぶつけるのは返って逆効果です。

所有者様も、相続が発生した際に、利用されていない土地を処分されなかったということは、それだけ資金的に余裕のある方か、もしくはその土地に思い入れがあるのかもしれません。

対象の土地を相続された方がどなたかは分かりませんが、このようなケースの場合、お父様が亡くなられた時には相続税の基礎控除や配偶者控除があり、相続税が掛からなかったので資産を保有していたが、2次相続(配偶者の相続発生)の際には控除が少ないため、資産を売却して相続税納税に当てる、というケースも多くあります。
また、今後相続税の基礎控除額も減額の方向にありますので、このようなケースは増えてくることも予想されます。

所有者様のご事情が変わらないことには、ご売却いただくことも難しいですが、所有者様のご事情が変わった際に、‘そういえば、あの土地を買いたいと言っている人がいたなぁ’と思いだしていただけるような状況を作っておけることがベターかもしれません。

その為には、ご自身の誠意や、その土地についての思いを手紙等で売主様にお伝えする、という方法が良いかもしれません。
ただし、それを行ったからといって、売主様のご事情が変わらないことには話は進みませんし、ご事情が変わったとしても、どれくらいの期間が掛かるか予想できません。

あまりお力になれる回答では無いかもしれませんが、多少なりともご参考になれば幸です。


株式会社リード
中石 輝
「仲介手数料定額制」リードのホームページ http://www.lead-yokohama.co.jp/
一律525,000円の仲介手数料「不動産売却エージェント」ホームページ http://www.fudousanbaikyaku.jp/
ブログ 「不動産仲介手数料定額制」普及への挑戦 http://ameblo.jp/lead-yokohama/

相続税
不動産売却
土地
不動産

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

土地売買の交渉

住宅・不動産 不動産売買 2012/01/22 16:53

現在、土地を探しています。
地域的に気に入ってる、気に入った空家を見つけ、法務局で所有者をしらべ、NTTで所有者に接見していただこうと、まず電話したのですが結果は『息子のために、売りません』とおっしゃ… [続きを読む]

かべさん (大阪府/38歳/男性)

このQ&Aの回答

売却交渉 高橋 正典(不動産コンサルタント) 2012/01/22 18:47

このQ&Aに類似したQ&A

妻の職場近くのマンション購入 milky-wayさん  2012-09-20 02:03 回答1件
売買契約書捺印後の交渉について。 dayan723gtoさん  2012-02-22 17:11 回答1件
重要事項説明に誤りがありました はなみさん  2013-07-20 21:27 回答1件
建築条件付土地 解約の際 びこたさん  2012-11-16 08:50 回答2件