原因を特定する調査が必要です - 伊藤 裕啓 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
伊藤 裕啓 専門家

伊藤 裕啓
一級建築士

- good

原因を特定する調査が必要です

2012/01/19 13:00

住まいのe-相談室 建築士の伊藤です。
私は建築物の調査を専門で行っている建築士です。

建具の不具合でお困りとという内容ですね。
まず建具は新築であっても枠に当たったり、綺麗に閉まらなくなったりといろんな不具合が生じることがあります。日頃繰り返し開け閉めする部分なのでヒンジのネジが緩んだりすることが原因の一つです。
2階のトイレ、子供部屋のドアに関してはヒンジの調整を行ったのでしょうか?調整を行い、それでも不具合がある場合は枠の取り付けミス等、他の原因を探さなくてはなりません。

次にハイウォールですが、文面を見ると暖房器具を使用している期間に不具合が現れるようですね。暖房器具はどのようなものをお使いですか? 冬場は暖房している部屋としていない部屋の境にある建具は表面の温度差や湿度の違いが出て反ったりすることがあります。これまでの経験上、石油ストーブ、ガスストーブなど室内で火を燃やす開放型暖房器具では水蒸気が発生するため湿度差が大きくなり、建具の種類によっては不具合が生じることが多いです。温度や湿度が原因となっているのであれば、建具や枠を新品に取り換えても同じ現象が再度発生します。
不具合が暖房器具を使用している期間のみに発生しているのであれば枠が反っているとは考えにくいです。

補足

このような補修を行う場合、「補修後、再度不具合が発生した場合、改めて補修する。」という約束を施工者にしてもらっておくと安心です。
もしお部屋に今使用しているものと別の暖房器具がある場合は、それを使用して状態を確かめるという方法も試してみてはいかがでしょうか。

調査
相談
建築士
原因
新築

回答専門家

伊藤 裕啓
伊藤 裕啓
( 兵庫県 / 建築家 )
住まいのe-相談室(株式会社伊藤建築コンサルタント) 代表取締役

安心・安全・快適な暮らしのお手伝い

住宅購入、リフォームには高額の費用がかかり大きな不安を抱える事があります。私の仕事は、住宅購入やリフォーム計画時に消費者側にたって中立的・客観的な視線をもって計画の進行をお手伝いするものです。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

築約2年。あちこちのドアの調子が悪くて不安です。

住宅・不動産 住宅検査・測量 2012/01/19 09:05

2010年3月にハウスメーカーで木造の家を新築しました。
その年の冬から、リビングと廊下の間のハイウォールの引き戸が
反り、枠にあたるようになりました。
(寒くて暖房で温度… [続きを読む]

iedosiyoさん (大分県/32歳/女性)

このQ&Aの回答

専門家の目で観てもらったほうが良いでしょう。 森 賢一(建築プロデューサー) 2012/01/19 11:11

このQ&Aに類似したQ&A

家のホルムアルデヒドについて ochaさん  2010-11-22 17:25 回答2件
家が揺れるのが気になります。 かーりーさん  2010-01-12 13:58 回答1件
土地面積の確認について どらみさん  2013-05-19 10:37 回答1件
建物を建てるのに不安 海の見える家さん  2013-04-11 20:00 回答1件