資金計画について - 森本 直人 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

資金計画について

2012/01/16 21:29
(
4.0
)

ひまわりあすか様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人と申します。

ご相談の件、月々3万円の積み立てができるとのことですから、そのペースを維持できれば、60歳までに、今ある200万円の他に、3万円×12ヵ月×12年で、432万円が貯まることになります。

住宅ローン返済は、年間98万円ですから、60歳から64歳までの4年分を繰上げ返済することは、計算上、可能ですね。

ただ、60歳からの生活資金が、退職金の2千万円のみでは、やや心もとない感じもあります。

基本的には、60歳以降も少し働く方向で考えておいた方がよいかもしれません。

あとは、お考え次第では、金融資産運用で、ある程度までサポートできる可能性もあります。

例えば、退職金のうち、1千万円について、10年計画、年3%で複利運用をしたのと同じ運用成果を得られれば、税金・手数料を考慮せず、10年後までに約344万円の運用益が得られます。

老後資金のプラスアルファとしては、大きな金額です。

ところで、目標リターン年3%という数字は、可能なのかということですが、私はそれほど高い目標とは思いません。

ただし、それを実現するためには、ある程度の投資経験が必要です。
もちろん、価格変動のリスクも伴います。

退職金をもらってから、突然、資産運用を始める方も多いのですが、運用の中身を理解できずに、勧められるままになってしまい、上手くいかないケースも多いです。

運用金額が大きい分、失敗した時の損失も大きくなりがちです。

車の運転と同じで、若い頃から始めた方が、吸収できるので、今のうちから、失敗しても授業料程度に思える金額から、少しずつ取り組んでみてはいかがでしょうか。

以上、ご参考にしていただけると幸いです。

注)上記は、インフレは起こらない前提で説明しています。

相談
ファイナンシャルプランナー
退職金
資産運用
住宅ローン

評価・お礼

ひまわりあすか さん

2012/01/21 13:30

やはり退職金だけでは心許ないですよね。48歳からでは少し遅いですが、いまから貯蓄計画をつくり住宅ローンの完済と老後貯蓄を励みたいと思います。
アドバイスありがとうございました。

森本 直人

2012/01/21 15:20

ひまわりあすか様、コメントありがとうございます。
貯蓄計画については、5年、10年といった期間では、上記のほか、円安、インフレの可能性もあることを考慮しながら組み立てられるとよいと思います。ご参考です。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

(現在のポイント:4pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

老後貯蓄と住宅ローンについて。

マネー 家計・ライフプラン 2012/01/14 13:44

夫48歳 妻43歳 子供2人

年収は700万ほどです。毎月老後用の貯蓄を3万積み立てています。
住宅ローンの借入金が1400万(月々返済分700万、ボーナス返済700万)残っています… [続きを読む]

ひまわりあすかさん (山口県/47歳/男性)

このQ&Aの回答

老後の貯蓄について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2012/01/14 16:43

このQ&Aに類似したQ&A

40代半ば夫婦、子供2人の場合の今後について まくさん  2014-12-10 14:16 回答2件
高齢で三人目を出産予定、家計、教育費について quatrenovさん  2011-05-18 00:06 回答2件
高齢出産の資金計画(夫のみの収入) samuraiblueさん  2014-08-28 03:02 回答2件
これからの家計の計画 サンタクロースさん  2012-04-01 17:00 回答2件