回答致します - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:労働問題・仕事の法律

安達 浩之

安達 浩之
弁護士

- good

回答致します

2012/01/17 11:29

アクティブ法律事務所 弁護士 安達 浩之、弁護士 羽賀 裕之

1 民法624条1項 労働者は労働の供給が終わったあとでなければ、賃金を請求する
  事が出来ない。
  上記の様に賃金請求権は労働義務が現実に履行された場合にはじめて発生するのが
  原則です(ノ-ワク、ノ-ペイの原則)

2 早く終了すれば、その時間分の給料が支払われないのが原則です。
  但し、合意により支払う事は可能です。

3 仕事が有るにもかかわらず、就業時間より早く帰された場合は、労働の受領拒否
  として、賃金請求権が認められる可能性があります。(民法536条2項)

4 貴女の派遣先・派遣元間の契約書を確認される事をお勧めします。

契約
時間
労働者
契約書
派遣

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

契約時間の補償

キャリア・仕事 労働問題・仕事の法律 2012/01/14 10:53

初めまして。

今、疑問に思っている事が、派遣で働く場合の就業時間と契約時間についてです。
複数のオペレーターさんをまとめる仕事をしています。

聞くところ、派遣先・派遣元の間で、オペレーターさんの就… [続きを読む]

terariさん (大阪府/40歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

派遣の途中解除について you_soulさん  2013-01-30 01:18 回答1件
育休明けの失業認定について みーやさん  2008-11-06 21:43 回答1件
派遣契約終了の離職票記入について 悲しい派遣社員さん  2014-03-17 12:05 回答1件
退職理由、自己都合?会社都合? まろまゆさん  2012-04-09 01:04 回答1件
アルバイトやパートの契約について ままぷさん  2012-03-05 23:04 回答1件