かかとが痺れていて、姿勢によって痛む - 滝山 博行 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

かかとが痺れていて、姿勢によって痛む

2007/07/21 09:56

ご質問にお答えします。

このような症状は、現在の体の健康度を教えてくれる反応ですから、この痛みとしびれが意味する内容を正しく認識する必要があります。

鍼灸医学では、この部位の反応は水分の新陳代謝不全とストレスなどによる精神的な緊張に関係しています。睡眠時間が少ないか、眠りが浅いために、日々の疲労回復が十分行われていないと推察します。

ここで、睡眠や食事、疲労度などをチェックしてみて、健康的に歪みがあれば正してください。食事では特に塩分を控えることが必要です。

体の解毒を促すために、よい水を一日、3リットル飲み、右足に負担がかからないような運動で、汗をたくさん出してください。これを一週間続けます。また、右足の症状の部位と同じ箇所で、反対側の左足の部位にゴルフボールなどを当てて軽く刺激してください。心地よい程度の強さで構いません。一回につき1分程度、朝晩の2回行ってください。右足にはしないでください。

窓を開けたままで寝たり、冷房による冷えには十分気をつけてください。就寝前や空きっ腹に、すいかやメロンなどの体を冷やす食べ物を取ることも控えてください。


***************************************
鍼 覚王院 シャローム治療室
         院長  滝山 博行
〒223-0062 横浜市港北区日吉本町1-24-16
TEL 045-561-2856 FAX 045-561-2891
info@hari.gr.jp http://www.hari.gr.jp
***************************************

回答専門家

滝山 博行
滝山 博行
( 神奈川県 / 鍼灸師 )
鍼 覚王院 シャローム治療室 院長
045-561-2856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

あきらめないで!その痛み。鍼灸(温灸)治療で慢性症状も改善へ

「鍼 覚王院 シャローム治療室」三代目院長です。この39年間に豊富な臨床経験と実績を積み重ね、赤ちゃんからお年寄りまで25万人以上の患者さんを鍼灸(温灸)治療してきました。急性・慢性疾患・体質改善・不妊など、多くのお悩みを解決いたします。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

かかとが痺れていて、姿勢によって痛む

心と体・医療健康 体の不調・各部の痛み 2007/07/20 18:04

右足のかかとから土踏まずにかけて、軽く痺れているような感じで
そこの部分が伸びるような姿勢をとると、電気が走るように痛みます。

はじめは、痺れるという感覚は無く
痛みだけだったん… [続きを読む]

ふぁるこさん (北海道/28歳/男性)

このQ&Aの回答

カイロプラクティックをお勧めします。 山中 英司(カイロプラクター) 2007/07/20 18:52
踵周囲の痺れ、痛み 市原 真二郎(カイロプラクター) 2007/07/20 22:46

このQ&Aに類似したQ&A

【相談】 約5年前の打撲の後遺症(痺れ・つっぱり感) 本村 洋子さん  2011-05-13 20:34 回答1件
ふくらはぎ打撲と血腫の治療について srkfsさん  2015-11-22 14:16 回答1件
左足の付け根の痛み cakeさん  2015-08-05 00:01 回答2件
手の痛みとこうちゃく IWATAKEさん  2013-07-29 17:33 回答1件
腕のむくみと痛み milk50さん  2013-06-14 20:09 回答1件