鉄筋の対応年数・・・ - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
下大園 幸雄

下大園 幸雄
建築家

- good

鉄筋の対応年数・・・

2011/12/10 11:49
(
5.0
)

仮枠、鉄筋の段階で違いに気づくと思いますが、図面が最初から違っていた事でしょうか。 鉄筋の場合は、耐用年数は、60年前後です。20年位での補強では、本来の構造では無い事になります。リフォーム等で対応した事は有りまが、新築では有りません。つなぎ目部分の強度は、専門家ではありませんが、現在より低下すると思います。鉄筋は、ラーメン構造で、木造のような軸組みでは無い為に、基礎、柱、梁、壁、スラブが一体の構造です。 特に屋上のスラブは、自重で垂れてきます。その部分の補修は、専門家に指導戴いて施工することが一番ベストです。 現在の、構造を利用して空間設計の検討が、コスト的にはかかりせん。匠の設計士にプランニングして頂く等です。仕様もグレードも上がりますがその分は施工会社に負担して貰う。工事を解約して匠さんにお願いする。
この様な場合は、支払いは、先行しない様に出来高検査支払いが良いと思います。参考にしてください。 

補足

構造計算では、窓の位置、サイズも計算図と違うと数字も違ってきます。役所の検査官によっては、再計算を指摘されます。

プランニング
設計

評価・お礼

hanekawadu さん

2011/12/14 22:37

回答ありがとうございました。とても参考になりました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

屋上屋根のはつりについて

住宅・不動産 新築工事・施工 2011/12/10 00:27

鉄筋コンクリート2F建て新築中です。
基本的なコンクリートの打設がおわり、内部作業に入る前に現場で打合せをしたところ、2F天井高が指定したとおりとなっていないことが判明しました。

もともと、リ… [続きを読む]

hanekawaduさん (北海道/42歳/男性)

このQ&Aの回答

設計者、監理建築士への確認が必要です 伊藤 裕啓(建築家) 2011/12/11 16:56

このQ&Aに類似したQ&A

建築士の設計ミス smile22sumaiさん  2013-02-11 19:13 回答1件
報告のない設計変更、配慮なき設計について myhomepapaさん  2012-11-07 00:29 回答1件
天井照明について。 わん2さん  2015-08-29 07:21 回答1件
窓と外壁の防水について pep25さん  2012-11-29 04:13 回答1件
外壁通気工法 換気の出口について shinshin5837さん  2016-05-01 10:08 回答1件