扶養に入れません - 平 仁 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

扶養に入れません

2011/12/07 20:03
(
5.0
)

ABC税理士法人の平と申します。

お母様の収入が年金で78万円、不動産収入で経費を差し引いた後で50万円あるということですね。
年金については、80歳ですから公的年金控除額が120万円ありますので、所得は発生しません。
しかし、不動産については、経費を差し引いた後で50万円あるということは、不動産所得が50万円あることになるんですね。

そうすると、各所得の合計が38万円未満であることが所得税における扶養の条件になりますので、扶養に入ることができない、ということになります。

不動産所得が38万円未満になっている年があれば、5年分については、過去にさかのぼって確定申告することが可能です。(ただし、確定申告している場合には、更正の請求が1年しかできませんので、所轄税務署に相談してください。)
(更正の請求については、平成23年12月以降については、5年できるようになりました)

扶養控除は、生計同一親族であることが要件ですから、お母様の生活費を北のグルマンさんがすべて負担しているのであれば、所得合計38万円未満の年は扶養の対象になります。
しかし、棟違いで生活されているとのことですので、同居老親には該当しないでしょう。
そうすると、老人扶養控除の48万円が適用されることが想定されます。

北のグルマンさんの年収が950万円でこれがすべて給与であるとすると、給与所得735万円になりますが、社会保険料控除や生命保険料控除等の所得控除がいくらかおありでしょうから、課税所得695万円以下の税率20%が適用されていることが想定できます。したがって、老人扶養控除が適用されていれば控除額48万円の20%である9万6千円の減税効果があるものと思われます。

むしろ、お母様の確定申告をしていないことの方が問題になる可能性があります。

おそらく寡婦に該当すると思いますので、北のグルマンさんのお母様は、基礎控除38万円、寡婦控除38万円の76万円で、課税所得ゼロになると思われます。税務署が書類を送ってこないのも、税額が発生しないから、という理由かもしれません。

ただ、税務署から書類が送られてこないからといって申告義務がなくなったわけではありませんので、これからでも5年分をさかのぼって確定申告すべきだと思います。

同居
不動産
所得税
控除
確定申告

評価・お礼

北のグルマン さん

2011/12/08 16:16

平様

大変具体的にお教え下さってありがとうございました。
よく理解できました、助かりました。

回答専門家

平 仁
平 仁
( 東京都 / 税理士 )
ABC税理士法人 税理士
03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

企業の税務対策、自計化サポート!「下町の頼れる税理士」です

刻々と変わる経済情勢や法律に対応しながら、体系的な法律知識を持って、企業様の税に関する不安を解消し、安心できる節税対策を行います。お客様と直接お会いし面談しながら、企業内での自計化など、適切な会計処理を含めた税務指導を行っています。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

同居老親扶養控除について

マネー 税金 2011/12/02 13:40

80歳の母について、遺族年金は対象外と知り同居老親扶養控除をしたいと会社に年末調整に記載したところ(年金78万収入50万)収入が50万あるので追徴される可能性があると指摘されました。

収入は貸マン… [続きを読む]

北のグルマンさん (神奈川県/54歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

不動産売却と親の税扶養の申告について のむこさん  2009-01-20 02:19 回答1件
確定申告は必要? みかけんこうさん  2008-01-06 12:57 回答1件
各種控除無しで所得計算は可能ですか? simplestさん  2006-05-17 20:43 回答1件
親族間の賃貸、家賃収入 TKNNさん  2016-09-17 21:40 回答1件
パート収入とオークション収入の確定申告 kingyosanさん  2012-09-13 01:53 回答1件