原則不可ではないでしょうか。 - 岩川 昌樹 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
岩川 昌樹 専門家

岩川 昌樹
ファイナンシャルプランナー

- good

原則不可ではないでしょうか。

2007/07/19 11:21

はじめまして、FPの岩川です。

日本における非居住者の口座開設は、外為法に規制されていると思われます。
証券会社すべてを確認したわけではありませんが、新規口座開設は原則不可なはずです。

しかし、口座開設後に海外転勤はどなたにもあるケースです。
一般的には、取引(売買)などは原則不可となりますが、
証券会社(銀行で購入した場合も証券口座を開設しています)により、休眠口座として、投信や株券をそのまま保有することは可能かと思われます。
金融機関により条件も異なるので、直接お聞きになることが一番です。

回答専門家

岩川 昌樹
岩川 昌樹
( 千葉県 / ファイナンシャルプランナー )
FPブレーン株式会社 長期投資専門FP
043-306-5800
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「本当に必要な資産運用」。家族のことのように考え、提案します

お客さんごとに異なるライフスタイルやリスク許容度に応じて、オーダーメイドの資産形成サービスを提供しております。資産形成を始めてみたいが、何から手を付けたら良いか解からないという方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

海外駐在の場合 投信は可能か 

マネー 投資相談 2007/07/18 22:52

既に日本で銀行の特定口座を開設して、投信を始めています。しかし、急遽海外へ転勤することになり、口座名義者である私の住民票を抜いたのですが、このまま運用を続けて税務上或いはその他でも問題はございませんか?問題があれば、住民票を戻せば運用は可能でしょうか?

パンダ9999さん (愛知県/29歳/男性)

このQ&Aの回答

投資・運用の継続には手続きが要ります 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2007/07/19 08:52
転勤は、長期なのですか? 阿部 雅代(ファイナンシャルプランナー) 2007/07/19 08:25
銀行により取り扱いが異なります 山中 伸枝(ファイナンシャルプランナー) 2007/07/19 09:03

このQ&Aに類似したQ&A

住宅売却によるお金の運用 猪八戒さん  2013-01-25 22:13 回答0件
資産運用を始めるにあたって Spyderさん  2013-01-22 16:50 回答2件
イギリス赴任時のポンド預金 RITSUCHANさん  2010-01-08 18:07 回答1件
海外運用と税金に関して naka_3さん  2008-05-05 17:09 回答3件
お金の分散保全と移転方法 qwer789さん  2012-03-10 13:59 回答2件