銀行により取り扱いが異なります - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
山中 伸枝

山中 伸枝
ファイナンシャルプランナー

- good

銀行により取り扱いが異なります

2007/07/19 09:03

パンダ9999様

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの山中伸枝です。

海外居住者が日本の金融機関でそのまま運用可能かどうかは、その人がどの国で課税されるのかが判断の基準となるようです。課税対象かどうかは、単純に住民票がどこというより、生活資金をどこで稼いでいるのかがポイントになります。

ですから海外駐在の場合は、その方のお給料が日本の企業から支払われていれば日本での課税対象となるので、運用も引き続き可能というのが原則です。同様に留学や老後の海外ステイも、生活資金の源が日本であれば、そのまま運用が可能です。

しかし、現実的には本人が海外にいる場合は投信の買い付けは出来るが売却は出来ないなどの制限を設けている銀行や、2年間のみ取り扱い可能それ以上長期になるとダメという銀行もあるようです。反対に、生活拠点を海外に完全に移しても、納税さえきちんと本人がしてもらえれば、取引まったく制限無しというところもあります。

どうしてこうも違うのか私にも分かりませんが、今までいろんな方の海外生活におけるファイナンシャルアドバイスをさせていただいていますが、結論は金融機関に直接確認するほうが確実、ということです。

特別頻繁に投信の売買をしない、保有しておくだけということであれば、特に何もしなくても問題はない、という選択肢もありますが・・・

どちらの国に駐在されるのか、分かりませんが私自身も4年間のアメリカでの生活がその後の人生に大きくプラスになったと思っていますので、どうぞいろんなことを吸収してきてくださいね。

なれないうちは、体の不調になりやすいので、健康管理はきちんとして下さい。健康保険および海外の医療保険についても万全にしておいたほうがいいですね。

では、ご活躍をお祈りしております!

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

海外駐在の場合 投信は可能か 

マネー 投資相談 2007/07/18 22:52

既に日本で銀行の特定口座を開設して、投信を始めています。しかし、急遽海外へ転勤することになり、口座名義者である私の住民票を抜いたのですが、このまま運用を続けて税務上或いはその他でも問題はございませんか?問題があれば、住民票を戻せば運用は可能でしょうか?

パンダ9999さん (愛知県/29歳/男性)

このQ&Aの回答

投資・運用の継続には手続きが要ります 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2007/07/19 08:52
原則不可ではないでしょうか。 岩川 昌樹(ファイナンシャルプランナー) 2007/07/19 11:21
転勤は、長期なのですか? 阿部 雅代(ファイナンシャルプランナー) 2007/07/19 08:25

このQ&Aに類似したQ&A

住宅売却によるお金の運用 猪八戒さん  2013-01-25 22:13 回答0件
資産運用を始めるにあたって Spyderさん  2013-01-22 16:50 回答2件
イギリス赴任時のポンド預金 RITSUCHANさん  2010-01-08 18:07 回答1件
海外運用と税金に関して naka_3さん  2008-05-05 17:09 回答3件
お金の分散保全と移転方法 qwer789さん  2012-03-10 13:59 回答2件