吹き付け方式の断熱材は、厚さのチェックが重要! - 小木野 貴光 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

吹き付け方式の断熱材は、厚さのチェックが重要!

2011/11/21 18:22
(
4.0
)

初めまして、住宅のご新築、楽しみですね。

さて、吹き付け方式の断熱材の場合、板状や繊維状のものより
隙間無く、吹き付けるので断熱層がきれいに形成されます。

工事としては、難易度の高いものでは無いので、職人の腕というのは
余り関係有りません。

最も、図面に載っている規定の厚さを施工しているかの、チェックは必要です。
設計事務所が設計監理していれば、設計者がチェックします。

設計事務所の監理が無い場合、厚さを測るピンが有りますので、
施工者に申し入れ、そのピンを断熱施工後刺してもらい厚さを、
直接確認すると良いですね。

小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
http://www007.upp.so-net.ne.jp/spiritual/

断熱材
断熱
住宅
楽しみ

評価・お礼

新築 さん

2011/12/11 22:17

回答ありがとうございました。
ちなみに壁は厚さが75mm、屋根は80mmと聞いております。専属のピンで確認を行う他、施工後に気密測定を有償で行っているみたいです。業者に聞くとそこまでしなくても・・・と回答がありました。しかし、場所によって若干厚みも違ったり気密も違ってくるのかなと思うとお金をかけてでも測定をしたほうがいいのか悩みます。そもそもここのハウスメーカは吹き付けのアクアかエコパネルの旭化成のネオマフォームを進めているのですが、どちらがいいのでしょうか?(値段はネオマの方が高いですが・・)床下は床断熱でどちらにしても旭化成のジュピーというものです。

回答専門家

小木野 貴光
小木野 貴光
( 東京都 / 建築家 )
株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所 代表 一級建築士 環境デザイナー
03-5948-9673
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

あなたの「ライフスタイル」を大切にした「光と風、素材」の家

「光と風、素材」を大切にした心地よい住まいづくりをしています。「あなたらしい」世界に一つだけの家を一緒につくりませんか。住む方のライフスタイルを大切に形にしていきながら、光と風を取り入れた住まいの設計をしています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

断熱材について

住宅・不動産 新築工事・施工 2011/11/20 21:42

現在新築(木造)を予定していて、断熱材を今の時点でアクアフォームで話しています(詳しい説明は受けていません)。知識があまりないのでよく分からないのですが、吹き付け方式なので職人の腕次第でムラがあるので… [続きを読む]

新築さん (富山県/33歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

【新築注文住宅】どちらにするか困っています。 ゆうけいさん  2012-07-27 08:05 回答1件
壁断熱材の補充について 新築で寒い家さん  2010-09-15 23:54 回答1件
半地下室の防水工事について darekaさん  2007-12-11 19:27 回答1件
外壁通気工法 換気の出口について shinshin5837さん  2016-05-01 10:08 回答1件
断熱材は? きんたくんさん  2013-09-29 10:43 回答1件