ひとつの考え方ですが - 森本 直人 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

2 good

ひとつの考え方ですが

2011/11/20 15:10
(
5.0
)

sink様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人と申します。

TPPについては、これから交渉を始めるという話で、具体的に何かが決まったわけではありませんが、方向性として、規制緩和とか、自由化の流れが加速する可能性はありますね。

もしそうなると、規制に守られてきた業界も競争にさらされていくことになります。

努力や工夫で、チャンスも増えますが、その一方で、競争に負ける人も増えてくるはずです。

そのことが、良いとか、悪いとかの評価は、私にはできませんが、新興国も巻き込んで、これから競争は加速していくかもしれません。

さて、ご不安の家計のやりくりですが、日本では、消費税の増税なども予想され、仰る通り、この先「節約」や「貯蓄」だけでは、やりくりが厳しくなる可能性はあります。

そこで、これから一人一人が考えなければならないことは、「投資」や「ビジネス」のことです。

資本主義経済では、「投資」や「ビジネス」は、考えることを避けては通れません。

とはいえ、私には、資金も技術もないので、考えられないという方が多いのも事実です。

ただ、もう駄目だ、とあきらめてしまうよりも、どうしたら上手くいくか、を前向きに考えた方が、発想としては、明るいです。

資金も技術もないから、「投資」や「ビジネス」は無理、と考えるのは、思い込みの場合もあります。

例えば、お金をかけなくても、時間をかけて、ご自身の得意分野を極めていけば、それが結果としてお金になることもあります。

サラリーマンとして働いていても、その中に「ビジネス」の要素が含まれていることもあります。

いずれにしても、まずは、人と人とのつながりを大切にされるとよいと思いますよ。

お金、お金と考え過ぎると、人が離れていってしまうことがあります。

ひとつの考え方として、ご参考になれば幸いです。

補足

保険の件は、必要と思う場合は、別途個別にお問い合わせください。

ビジネス
日本
消費税
投資
家計

回答専門家

森本 直人
森本 直人
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

家計を守るためにはどうすればいいのか

マネー 家計・ライフプラン 2011/11/20 09:48

20代夫婦(子ども無し)です。
最近のニュースを見ていると、増税やTPP(医療・郵貯や簡保への影響)など、将来が不安になることばかりです。

自分なりに家計をやりくりし、何とか手取り… [続きを読む]

sinkさん (宮城県/24歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

どう生活すれば良いのかわかりません 頭がまっしろさん  2010-10-23 15:06 回答2件
2人目の子供は難しいでしょうか さくらぎさん  2016-01-30 00:10 回答1件
家計診断お願いいたします。 さつまりこ06さん  2015-12-11 11:28 回答2件
家計診断をお願いします ラテコさん  2015-12-07 13:18 回答3件