遺産分割と預金 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
松野 絵里子

松野 絵里子
弁護士

- good

遺産分割と預金

2011/11/13 12:01

預金は可分債権ですので、原則は遺産分割協議の対象である相続財産になりません。
しかし、相続人すべてが合意して預金もいれて解決したいといえば、それを含めて調停や審判が進められるのです。そのことが問題になっているようですね。

これは貴殿だけで決められることではなくて、他の相続人が預金もいっしょに話しあいたいと言ってくれないとそうなりません。

さて、弁護士というのは貴殿の弁護士なのでしょうか?

その場合、現状の不動産の権利関係から不動産をたくさんもらう結果になる方が有利になることがありえる(これは不動産の評価と関連すると思われます)と分析されているようで、それは全体の財産との関係でおっしゃっているのでしょうし、可能性論をいっているのでしょう。また、これから財産を開示させて他の相続財産がでてきても、預金だけは可分なのでさっさと貴殿の分をもらうということにしておいたほうがスムーズだといえるので、そういう意味ではないかと思います。

いずれにせよ、貴殿の弁護士がいるのであれば、きちんと貴殿が納得するまで説明をしてもらうべきであるとおもいます。
相続は個別にいろいろな問題がありえます。非常に相続財産によって考えるべきことが多いのです。ですので、一般論だけきいてしまうと情報が錯そうして、かえって混乱される方が多いようです。

預金についてはさっさと貴殿の分をもらってしまうという意味では、相続財産とは別にするのはよいことだとおもいます。不利ということはあまりないように思われます。そうすれば、落ち着いて不動産について考えることができるでしょうし、代償金としてそのもらった預金をつかったりいろいろできますよね。

遺産分割調停や審判についてはこちらもご参照ください。
http://souzoku-ben5.jp/primarycat/save/

弁護士
預金
相続

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

可分債権

人生・ライフスタイル 遺産相続 2011/11/09 19:39

遺産分割審判にあたり、弁護士から、

不動産評価は固定資産評価や相続税評価でなく時価とすべきであり,その費用は遺産から支出すべきであること,預貯金等の可分債権については,遺産分割の対象とせず,個別の相続人が各金… [続きを読む]

rockchickさん (神奈川県/56歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

居住している不動産の代償金の決め方は? spec-holderさん  2013-12-02 14:33 回答1件
遺産相続 Thinkpad755cさん  2010-01-28 15:21 回答1件
特別受益分と寄与分について manmamiaさん  2014-04-13 21:07 回答1件
遺産分割調停 rockchickさん  2011-02-02 23:22 回答1件
遺産の分け方 gohanippaiさん  2014-01-28 13:00 回答1件