回答申し上げます - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
大関 浩伸

大関 浩伸
保険アドバイザー

- good

回答申し上げます

2007/07/18 08:35

はじめまして、hana1150さん、保険アドバイザーの大関と申します。

hana1150さんのおっしゃるように、10年先・20年先の社会情勢、そして自分自身のことなど読めませんので、躊躇なさるのも当然だと思います。
「あとはその時々に貯金という形でわずかずつでも資産を増やすほうが良いように思う」という考えもよろしいかと思います。
あとは、その手段ですね。
「生命保険と年金」と一括りとされてますが、ここでは分けて考えてみましょう。
?生命保険
命のために加入するのでなく、万が一の際、残されたご遺族のための経済的損失を補うことが、生命保険のそもそもの目的の筈ですよね。
となると、hana1150さんの家族構成や収入・貯蓄状況などで準備すべきタイプや設計が異なります。
?年金
長生きリスクに対応するために必要不可欠ですね。
確保手段として、「個人年金」や「投資信託等の金融商品」などがあります。今の生活に無理のない額できちんと貯めていきたいものですね。
また、?と?を同時に準備できる保険商品もあります。
保障額は高額ではないですが、万が一のことが起こらなくても60・65歳時に「年金移行」できるものです。
当然、「掛けた金額は、後で生活費として全額回収できる」わけです。
運用成果等を厳しく追求されないのでしたら、とりあえず「一石二鳥」的手段として適切かも知れませんね。
ご興味がございましたら、ohzeki@fourtrust.co.jpまでお気軽にお問い合わせ下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

保険や年金の必要性

マネー 年金・社会保険 2007/07/17 11:29

公的な年金も当てにならない今では、自分で自分の老後を守らなければという気持ちは強くあります。
ただ生命保険や年金となると、10年20年先の社会情勢や金利、また自分の命など読めない部分があるため、どうも躊… [続きを読む]

hana1150さん (愛知県/46歳/女性)

このQ&Aの回答

保険や年金の必要性の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2007/07/17 12:19
まずは、ご自身の“現状分析”を行ってみましょう! 荒川 雄一(投資アドバイザー) 2007/07/17 14:26
保険や年金の必要性について 大村 貴信(ファイナンシャルプランナー) 2007/07/19 01:18

このQ&Aに類似したQ&A

自営業の夫と派遣社員の妻の個人型401Kについて じぇんさん  2008-07-24 13:27 回答1件
社会保険の扶養判定基準が公的年金と健康保険では違う? あさみん2012さん  2012-05-20 08:10 回答2件
個人年金についてお願いします miauさん  2010-10-18 10:56 回答3件
JA終身個人年金 すまいる77さん  2009-06-18 21:42 回答3件
会社員の妻の厚生年金加入について 南あやこさん  2008-10-09 19:45 回答2件