ゆっくり、一歩ずつ進んでください - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:仕事・職場

市村 光之

市村 光之
キャリアカウンセラー

1 good

ゆっくり、一歩ずつ進んでください

2011/09/21 14:59
(
4.0
)

初めまして、キャリアリーブスの市村と申します。
私は病気の専門家ではありませんので確かなことは申し上げられませんが、少しでもご参考になればと思い、回答させていただく次第です。

職場復帰なさり、不安を感じておられるご様子。部署が新設で、業務プロセスが定まっていない状況ということは、上司や同僚の方々も目の前の仕事のことで精一杯で、フォローがなかなかできない状況なのでしょうね。

ご承知のようにうつ病は、責任感があり自分の職責を全うする意志と行動力のある方がかかりやすい病気です。sukosukoさんもきっと、そのような方なのではないでしょうか。このままではリハビリにならない、3カ月を経ても以前のように活躍できるか見通しがたたない、周囲は忙しく働いているのに自分だけ孤立している、と心苦しい思いをなさっているのでは、と推察しております。

でも、今すぐ、周囲に働きかけるような動きができなくてもよいのではないでしょうか。「完全野放し状態」というのは、むしろsukosukoさんにとって良い環境かもしれません。しなければばらない仕事、自分が貢献できそうなことの中で、現在の自分にできることを一つ自分で決めて進めてみることはできませんか。ご自分の体調と相談しながら、負担にならない程度に。一つ仕上げたら、その時の自分と相談してさらにできそうなら、もう一つチャレンジしてみる。そうしてゆっくり積み重ねるうちに自信もつきますし、上司や同僚も、この仕事はsukosukoさんに任せられると認知するようになり、少しずつ「復帰」していけるように思いますが、いかがでしょうか。

今はどこの業界、企業も経営が厳しく、病気から復帰した社員を時間をかけて温かく見守るのが難しい状況ですね。だからこそsukosukoさんも悩まれていると思います。私もこれまで何人か、病気から復帰なさった方の相談を受けたことがありますが、皆さん、職場の協力が思うように得られず、早く第一線に戻りたい思いとご自身の体調との狭間で、悩んでおられました。しかし、大切なのは自分の体調であり、病気とうまく付き合い克服しながら、徐々に復帰を進めることです。

どうぞ、ゆっくり、一歩ずつ、試してください。

相談
責任
うつ病
不安
キャリア

評価・お礼

sukosuko さん

2011/09/21 15:48

市村様、お忙しい中ご回答いただきましてありがとうございます。
しなければばらない仕事、自分が貢献できそうなことの中で、現在の自分にできることを一つ自分で決めて進めてみる・・おっしゃる通りですね。どうしても自分で自分を責めすぎてしまう傾向があるようです。そもそもの現職に対してのキャリアビジョンが見いだせないでいるのも一因かもしれません。
いずれにせよ、あまり周りの状況を気にせずに、確実にできそうな事を見つけて、実行していければと思います。

市村 光之

市村 光之

2011/09/21 16:48

返信をいただき、ありがとうございます。
「現職に対してのキャリアビジョンが見いだせない」というのは、確かに今壁と感じていらっしゃることの要因なのでしょうね。そして、中期のスパンで考えていく課題でもあります。まずは、小さな実績を作り、それを自分で認めるところから始めてください。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

休職からの復帰後の職場環境について

キャリア・仕事 仕事・職場 2011/09/20 18:20

うつ病による休職を経て、8月より復帰後、当面(3ヶ月目安)は業務量、時間を調整のうえリハビリ出勤を続けています。
完全復帰までのプロセスとしては、一定期間のなかで処理できる業務を単純… [続きを読む]

sukosukoさん (神奈川県/35歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

職場ないでの孤立について りんじさん  2014-03-11 09:42 回答1件
業務が困難すぎて、精神的にもちこたえられません あしたばさん  2011-07-18 16:19 回答1件
パニック障害からの復職について siobanaさん  2010-09-14 15:49 回答1件
円満退職について 空の色さん  2009-08-02 16:40 回答1件
転職、職場環境について ニコニコ2さん  2015-07-30 07:26 回答1件