土地を販売する場合の一般的な特約事項の期間ですね。 - 稲垣 史朗 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

稲垣 史朗 専門家

稲垣 史朗
リフォームコーディネーター

55 good

土地を販売する場合の一般的な特約事項の期間ですね。

2011/09/15 15:08

こんにちは。パウダーイエローの稲垣史朗です。

今回の場合は、wakuwakusan555サンがご自身の土地を売られると言うことと理解させて頂きながらお話しをさせて頂きます。
まず、第2条の追記の件ですが、これは当然の負担となります。
次の買主の立場にしてみれば、当然その土地に家を建てるために購入した訳ですから一般的な住宅の基礎に邪魔になるような敷地内残存物があれば買主に余計な負担が掛るゆえに、その様な不利なことから救うための法律です。

もし、逆の立場でお考え頂ければ至極当然のこととご理解出来ると思います。

次に、第3条もこれに準ずるとお考え頂ければ、駐車場を造る際に異常に多量の埋設物があればこれも買主の負担が増える訳ですから・・・

また、半年と言う期間は通常買主が土地を購入して建築が終わるまでには概ね半年間を要することから判断されている期間と思います。これも至極当たり前の法律ではないかと思います。

この様な時は相手の立場を自分に置き換えて考えれば非常に分りやすい事ではないかと思いますのでご理解してあげることが大切でっすね・・・と言うよりも以前に法律で既成の事実です。

補足

これに良く似た事例を経験したことがあります。

販売
法律
期間
住宅
土地

回答専門家

稲垣 史朗
稲垣 史朗
( 神奈川県 / リフォームコーディネーター )
パウダーイエロー 代表取締役 兼 チーフデザイナー
0467-88-1981
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

湘南スタイル仕掛人  オシャレデザイナーのG・Gです。

湘南暮らしはのんびりした独特の臭いが漂う街並み。ファッションや住まいもハワイの田舎町を思わせる佇まい。湘南ブランドに憧れて暮らしを始める人が今日もまた・・・優れたデザイン感性とオシャレで粋なG・Gがあなたの住まいの夢を形にします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

不動産契約後の重要事項説明書への追記

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2011/09/15 13:06

不動産契約後に、契約の席での口頭でのやり取りについて、「重要事項説明書への追記」として文書の作成を仲介業者に要請しました。仲介業者からは、「合意書」として下記の文面が案として送ら… [続きを読む]

wakuwakusan555さん (茨城県/37歳/女性)

このQ&Aの回答

瑕疵担保責任についての特約 中石 輝(不動産業) 2011/09/15 23:17

このQ&Aに類似したQ&A

契約後の契約破棄について にゃんチュさん  2016-10-28 16:34 回答1件
売買契約の買主からの解除通告について ホームアシストさん  2008-10-28 16:32 回答1件
境界塀撤去について sykmamaさん  2015-09-16 13:13 回答1件
仲介業者とのトラブル たんばさん  2014-12-08 21:35 回答1件
中古物件 付帯設備の不備 サナ琉さん  2014-07-29 14:30 回答1件