「お客様の安全が第一です」 - 竹上 順子 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:マナー

「お客様の安全が第一です」

2011/09/12 16:29

こんにちは、真夏の小夏さん。インタープロスの竹上順子と申します。
9月に入りようやく暑さも和らいできましたね。
朝晩冷え込んでいますので、日々体調管理には気を付けていきましょう。

それは大変でしたね。お客様にお怪我はありませんでしたか?
お客様の人数によってご案内の仕方が違ってきますが、考え方の基本は「お客様の安全」が第一です。
「お客様の安全」を考え基本的なマナーを覚えておきましょう。

エレベーターの前での案内は、お客様の人数によって異なります。
【お客様が1人の場合】
◎案内者は・・・後乗り・後降り
エレベーター外の操作盤の前に立ち、『開』のボタンとドアを軽く押さえ、お客様に先に乗って頂きます。お客様がお一人であれば、このご案内で安全ですね。

【お客様が複数の場合】
◎案内者は・・・先乗り・後降り
ドアが開いたら、まず自分が先に入り、操作盤の前で自分のスペースを確保します。そして、片手でエレベーター内の操作盤の『開』のボタンを押しながら、もう片手でドアを押さえ、お客様に乗って頂きます。そうすると、順に乗られるお客様の安全の確保ができますね。また、複数の方を案内する場合、お客様皆様に先に乗っていただき重量オーバーなどで自分が乗れないとなると、エレベーターを降りてからの案内ができなくなってしまい困りますよね。もし、乗れないお客様がいらっしゃれば再度ご案内に戻ったり、社内で応援を依頼したりしましょう。

降りる時は、どちらの場合でもお客様が先です。「どうぞ」とひと声かけ降りていただきましょう。沢山のお客様をご案内している場合は「右にお進みくださいませ」など、ひと言声かけをするとお客様は動きやすいですね。降りた後エレベーター前で立ち止まってしまわれると危ないですので、スムーズに動いていただけるような案内を心がけましょう。
また、エレベーターでは、右側奥、つまり入る時「向かって左側」が上座です。
お客様の人数に応じて安全に案内できるよう、その方法を覚えておきましょう。

いつもマナーの事を気にしてらっしゃる真夏の小夏さん。
一つひとつ正しいマナーを身に付けて、会社にいらっしゃるお客様に「来てよかった」と思っていただけるようこれからもがんばっていきましょうね。

案内
会社
マナー
エレベーター
社内

回答専門家

竹上 順子
竹上 順子
( 研修講師 )
代表取締役
0859-37-0770
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

We’ll move into action For you・・・

変化する時代の中にあっても、 不変である“心の豊かさの実感” と“成長できる喜び”を、仕事を通じて実現していきます。先人の教えを現代の求めに応じて変化させ、社名の考え方、双方向(Interactive)繁栄(Prosperity)を実現します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

エレベーターに乗る時のマナーって

スキル・資格 マナー 2011/09/12 16:08

エレベーターでお客様をご案内する時、どのように案内するのが正しいマナーなのか分かりません。
先日、外のボタンを押してお客様に先に乗ってもらおうと思いまごまごしていたら、お客様が急いでエレベーターに乗られようとして身体をエレベーターのドアに挟まれてしまいました。
どうしたら良いのか教えてください。

真夏の小夏さん (島根県/44歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

社葬で香典をお断りするときは? 真夏の小夏さん  2010-10-19 08:40 回答1件
取引先訪問時のマナーについて ジャッキーさん  2010-09-01 18:29 回答2件
披露宴でのナプキンの使い方 スノー2250さん  2016-10-05 15:55 回答1件
お茶のいただくタイミングについて スノー2250さん  2016-05-31 19:18 回答1件
何が悪かったのかわかりません あさひだいちさん  2016-04-23 06:23 回答1件