フレイムワークMZ工法を調べてみると。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

海田 修平

海田 修平
建築家

1 good

フレイムワークMZ工法を調べてみると。

2011/09/12 21:44
(
5.0
)

経験はないですが、フレイムワークMZ工法を調べてみると、外壁の内側に下地材として、軽量のチャンネルが必要みたいです。そうなると、ALC+軽量C型鋼(ミニマムで60×30×10mm)+スタイロ50ミリ+同縁19mm+PBt12.5mmとすると最低でも141.5ミリになります。断熱性能は良いみたいですが、間口寸法が厳しい場合は採用を考えてしまいますね。内部結露も気になります。

木軸の下地は鋼製下地下地よりも断熱性能が高いですが、熱橋と言われれば確かに熱橋となります。
しかし、木造住宅のことを考えてみると、柱と間柱の間にグラスウールを詰めて、その外側に防水紙と通気胴縁と外壁材があるだけですので、同縁と柱との間には熱橋が存在します。木材の熱伝導率が低いのであまり問題にはならないのでしょうかね。

木造住宅程度の断熱性能で十分だということであれば、ALC+木軸下地(その間に発泡ウレタン)+PBt12.5で同等の断熱性能なのではないかと思います。外壁がALC100mmとですので、通常の木造住宅よりは良いかもしれませんね。

評価・お礼

ryo-suke さん

2011/09/14 22:56

フレームワークについて詳細に専門家から意見が聞けて大変ありがたく思っています。
ALC版+通気層+透湿防水紙+木軸組(隙間に断熱材充填)+P.B.でいきたいと思います!
専門家からの意見を聞けて大変参考になりました。ありがとうございました!

(現在のポイント:5pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

鉄骨造の断熱について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2011/09/12 09:35

重量鉄骨造、外壁ALC100ミリの断熱で悩んでいます。寒がりのため、断熱はしっかりしたいのですが、間口が3Mちょっとの狭小住宅のため、できるだけ間口をとるような断熱工法が良いと考えています。設計士さ… [続きを読む]

ryo-sukeさん (東京都/34歳/男性)

このQ&Aの回答

鉄骨造住宅の断熱構法。私の考え方。 岩間 隆司(建築家) 2011/09/12 11:14
重量鉄骨住宅の断熱方法 村上 治彦(建築家) 2011/09/12 11:37

このQ&Aに類似したQ&A

床下の換気について pep25さん  2013-01-14 01:18 回答1件
施工中に「手すりが付かない」と言われました RAIUNさん  2011-12-14 08:56 回答4件
外壁材料について tama0731さん  2010-10-05 17:33 回答2件
医院建築について bonnou108さん  2013-05-10 22:49 回答4件
第3種換気の寒さ バンプラさん  2009-04-05 17:26 回答1件