『自信がない』の中身が解れば、前進できます。 - 林田 浩一 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
林田 浩一 専門家

林田 浩一
経営コンサルタント

- good

『自信がない』の中身が解れば、前進できます。

2011/09/07 16:45
(
4.0
)

緑葉さん、こんにちは。

デザインディレクターやプロダクトデザイナーとして商品開発などの仕事をしている、林田と申します。



今回の文面を拝見して、まずは緑葉さんご自身で「デザインに自信が持てない」の中身を少し深掘りして考えられてみた方がいいのかなぁと感じました。


緑葉さんが、ご自分でデザインされたものを、自分でもデザインが良くない/センスが悪いと思われているのか、自分ではいいデザインだと思っているものが、クライアントさんから評価されない(伝わらない)のか、その辺りの整理をされると、次への一歩を踏み出せると思いますよ。


自分のセンスということが気になるならば、他の方も書かれているように、色々なものを見て考えて吸収すればいいだけのこと。その際に、カッコイイとかセンスがいいと緑葉さんが感じたものを、何故そう感じるのか、自分なりにカッコイイやセンスの構造を解析するクセをつけるといいと思います。

センスは天賦の才能部分より、後天的な観察と洞察から鍛えられる面が大きいとワタシは考えています。


次に、そうではなく、自分ではいいデザインと考えるものが、クライアントさんに伝わらない場合、スタート時点でのクライアントさんからのヒアリングの部分からギャップがあるのか、プレゼンテーションの問題なのか、分解して考えて見るといいのではないでしょうか。

いずれにせよ、提案するデザイン案に対し、どこがポイントで、どのような狙いがあって、なぜそれがクライアントさんに適した案なのか(=いいデザインであるのか)ということを緑葉さんが説明できる必要があります。

デザインは感覚的な面と理屈の両方で成立しています。

また少し見る方向を変えると、デザインとアートは異なります。少なくともデザインは視覚的な表現上でも、機能的な問題解決でも、クライアントが目指す方向に【適しているか】どうかだと思っています。(だから少なからず「理屈」が必要なのです)アートは制作者の「らしさ」の表現で構いませんが、デザインで大事なのは、デザイナーの「らしさ」ではなく、クライアントさんの「らしさ」を引き出して表現できている必要があります。

補足

デザインは、クライアントさん、更にはその先のエンドユーザーさんへのギフトなのだと思います。(「デザインとアート」ということでは、このような記事をブログで書いたことがあります。→ http://khayashida.jugem.jp/?eid=129


アウトプットすべきデザインの答え(勿論、絶対的な正解はありませんが)は、クライアントさんの中にある、というところからスタートすると、提案すべきデザインのいいアイデアは必ず出てくる。このように思っているだけでも随分と違うのではないでしょうか。

デザイン
商品開発
問題解決
洞察

評価・お礼

緑葉 さん

2011/09/07 18:57

「自信がない」の中身を考えてみました。
もちろんデザインが良くないというのもありますが
お仕事の進め方にも自信が無いんだと思います。
サイトの文章等もクライアントからある程度貰ったら
自分でリライトしないといけないのかとか
分からない事だらけです。
いつも絶対的な正解を求めてしまうところもいけないのかもしれません。

ありがとうございました。

林田 浩一

2011/09/07 19:18

仕事を進める中でも、クライアントさんとは沢山会話した方が情報収集になるので、お勧めです。支給された文章などの素材も、リライトした方が、より良くなると感じる場合は、手間を掛けずにリライトの方向性だけでも提案してみると、相手の反応を伺えます。

ワタシは始めの方のラフ案は、方向性を探るヒアリングの為の素材として使う場合もあります。ビジュアルで方向性の異なるいくつかの案を提示することで、クライアントさん側が上手く言葉で表現できないことを引き出すことができる場合もありあますよ。その都度、『では、**ということですね。』と確認を取りながら進められるので、完成したあとでお互いの思いがまるで違う、ということにはならないはずです。

更に、途中段階からコミュニケーションを取りながらクライアント側を巻き込んでいくことで、作り手側の仲間として「自分事」として関わってもらえるので、この面からも、デザインを作りながらもクライアントさんと沢山コミュニケーションを持つことをお勧めしたいところです。

今後も、より一層のご活躍を!

回答専門家

林田 浩一
林田 浩一
( 神奈川県 / 経営コンサルタント )
林田浩一事務所 (KHO Design and Business) 代表

経営革新=【価値創造×ビジネスモデル】×【VISION×DESIGN】

デザインディレクター、プロダクトデザイナー、商品開発の進行役やマーケティング・コンサルタント、関わるプロジェクトによって役割は変わりますが、デザイン活用やブランド構築に軸足を置いた活動を、黒子としてお手伝いさせていただいています。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

WEBデザインに自信がありません。

法人・ビジネス ホームページ・Web制作 2011/09/07 00:48

独学でサイト製作の勉強をして、お仕事も少しずつ貰ってるのですが
どうしてもデザインに自信がもてません。
やっぱりちゃんとした学校に行った方がいいのか
でも在宅でほそぼそとやっているので… [続きを読む]

緑葉さん (兵庫県/34歳/女性)

このQ&Aの回答

センスを磨いてください。 西野 公啓(ITコンサルタント) 2011/09/07 09:49
解決策は、緑葉さんのすぐ目の前にあります。 谷口 浩一(Webプロデューサー) 2011/09/07 06:51
優れたデザインをたくさん見て取り入れること 宝利 修(ITコンサルタント) 2011/09/07 09:37
真似てみるのがいいかもしれません。 武本 之近(Webプロデューサー) 2011/09/07 10:53
デザイナー上がりのコンサルトしての考えです 杉村 和彦(ITコンサルタント) 2011/09/07 12:34

このQ&Aに類似したQ&A

フリーでやっていける条件って。 mikoriさん  2011-10-27 22:08 回答3件
PHP&MySQLによる会員制サイトの構築について こつこつがんばさん  2014-05-01 18:22 回答1件
夫が独立した(web会社)妻です。 もっち吉さん  2013-06-23 03:37 回答5件