耐震強度をより保ちたい場合は・・・ - 八納 啓造 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

耐震強度をより保ちたい場合は・・・

2011/08/25 23:19
(
5.0
)

3.5寸、4寸と悩みますよね。
ところで、耐震性をより強固のものにされたい場合は、長期優良住宅などでも活用する「許容応力度計算」という構造計算方式を採用し、安全率を1.25倍に保つという方法もあります。

文面に「構造計算をきちんと行っている」とありますが、通常木造2階建ての場合は、壁量計算という簡易的な方法をとります。先方がどこまで対応できるかはありますが、もし耐震性を確保する場合は、「長期優良住宅などの場合に採用する許容応力度計算でお願いできますか?」という話を出すのも一つでしょう。どちらの工務店さんも対応されるのなら、後は相性や誠実さ、信頼性で選ぶのも手です。

ただし、構造計算費が別途15~25万円かかりますが、契約を前提に折衝するのも一つかも知れません。
参考になれば嬉しいです。

八納啓造

耐震性
木造
構造
長期

評価・お礼

おにいや さん

2011/08/27 09:58

八納様  専門的見地からのご指摘ありがとうございました。とても参考になります。今後、どちらかに決めていく予定で下りますので、許容応力度計算の依頼を含めて、業者とやりとりをしてみたいと思います。そして、プランの提案力や営業の方、会社の対応等を総合的に判断して決めて行ければと思います。ありがとうございました。

回答専門家

八納 啓造
八納 啓造
( 建築家 )
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

(現在のポイント:4pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

新築にあたり、3.5寸柱か4寸柱か悩んでいます

住宅・不動産 住宅設計・構造 2011/08/25 10:19

家を新築するにあたり、プランや価格面で業者を2つに絞ったところ、使う柱の太さがそれぞれの会社で異なることがわかりました。どちらの業者もそれぞれの良いところしかいわないの… [続きを読む]

おにいやさん (埼玉県/48歳/女性)

このQ&Aの回答

断面欠損 小松原 敬(建築家) 2011/08/25 11:46
4寸が望ましいですが、判断はいろいろあります 関尾 英隆(工務店) 2011/08/25 11:13
価格差が無い場合は、4寸・・・ 下大園 幸雄(建築家) 2011/08/25 11:47
耐震等級は 島田 直人(建築家) 2011/08/27 13:11

このQ&Aに類似したQ&A

築15年の木造3階建 風で揺れるのを解消したい FUJIもんさん  2014-01-09 14:00 回答1件
壁に囲まれた玄関ポーチの採光・風通しと対策について あさはるきんさん  2011-10-17 21:51 回答2件
鉄骨構造の耐震 jonsuさん  2011-05-24 20:27 回答2件
少ない建築面積での増築で地盤改良は不要? ぽこぽんさん  2010-03-02 12:01 回答1件