社会保障と社会福祉 - 福島 多香恵 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

福島 多香恵 専門家

福島 多香恵
ピラティスインストラクター

40 good

社会保障と社会福祉

2011/08/09 00:08

こんにちは。
離れていればより一層、ご心配のことと存じます。

まずは、
お二人の社会保障を確認されてはいかがでしょうか?

医療保険と年金保険があれば、
最低限の生活は続けられると思いますが、
疾病などの理由で生計を維持するのが困難な場合、
必要最低限度の生活を保障する、生活保護も考える必要がでてきます。

認知症の場合は、要介護状態を確認して、
介護保険に適用されるのかどうか調べてください。
介護保険制度では、
要介護になっても住み慣れた地域での生活を
なるべく継続できるように支援することが基本理念となっています。
そのため、ここではあげられないほどの多くのサービスが用意されています。
どんなサービスがあれば問題なく暮せるでしょうか?
または、最近では要介護にならない、介護予防の活動も盛んに行われています。
そうした情報もあわせて確認されてはいかがでしょうか?

社会福祉の観点からは、
心臓や足腰が悪いといってもどのくらいかわかりませんが、
程度によっては障害者福祉に当てはまるのか調べてみてはいかがでしょうか? 


社会福祉の担い手としては、
老人福祉指導主事、生活指導員、生活相談員、介護職、
訪問介護員、在宅介護支援センターなどがあげられます。
また、社会福祉の援助を行うソーシャルワーカーという専門職もあります。
老人施設に在住しているケアマネージャーに相談する方法もあると思います。

まずは、現状を確認されてから、
市町村の相談窓口を活用されることをおすすめします。


チェアロビクスで姿勢が変わる!気持ちが変わる!
http://www.chairobics.co.jp

補足

参考文献:社会福祉と社会保障~社会と生活者の健康~メディカ出版

ケアマネージャー
介護予防
介護保険

回答専門家

福島 多香恵
福島 多香恵
( ピラティスインストラクター )
チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー

チェアロビクスで姿勢が変わる!気持ちが変わる!

ゆっくりとした呼吸とともに気持ちよく身体を動かしましょう。運動が苦手な方でも大丈夫!お悩みに応じて、あなただけの、手作りエクササイズレシピをご用意いたします。美しい姿勢をつくりながら、心のこりもストレッチします!

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

遠方に住む、認知症の祖母と高齢で生活支援の必要な祖父

人生・ライフスタイル 老後・セカンドライフ 2011/08/08 12:43

父方の祖父母は、現在二人だけで暮らしており、
介護や生活支援は地元の隣人や親戚などにたよって暮らしているようです。
祖母は認知症が進んでおり、祖父は心臓や足腰がわ… [続きを読む]

keykoさん (北海道/35歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

父親の介護について aririさん  2013-01-15 22:18 回答4件
子供なし夫婦の住まいについて えのこさん  2014-12-16 15:05 回答6件
両親の老後 salem1418さん  2014-12-11 11:12 回答2件
現在の資産で私の計画は可能でしょうか。 さかえさん  2013-12-21 21:46 回答1件
子供の扶養を継続しつつ、子供が後見人になるには saitou0033さん  2013-01-19 17:08 回答1件