まずは、新築建物への構造的な支障がないことを確認されては。 - 岩間 隆司 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

まずは、新築建物への構造的な支障がないことを確認されては。

2011/07/31 18:42
(
4.0
)

ありがとうさぎ さま
SOCIUS 岩間隆司 と申します。
はじめまして。

 残留物の程度が、いかほど のものなのかによりましょうが‥。

 まずは
 この残留物があっても、新築の建物に構造的な支障ないことの
 確証をえてはどうでしょうか。
 HMの構造設計者や役所に見てもらう、という方法があります。
(たしかに、たとえば既存の杭など、新築の建物への支障はなく、
 かつ 撤去には大きな費用がかかる‥といった物もあります。)
 そこをクリアにする意味で、充分に説明うけてはいかがでしょう。
 
 そのうえで 気持ち的な部分 は。

 お祓いをしてもらっては、どうでしょうか。
 建替えにともなって 敷地内の 井戸 を埋める場合には
 神事を おこないますね。 同様にです。

 ま 実際にカミサマを信じるか・否かはべつにして、これまで
 使われてきた物への 感謝 をあらわす といった意味からも
 ひとつの くぎり になるかもしれませんね。

 あくまで 意見のはんいですが、いかがでしょうか。
 

構造設計
構造
確認
設計

評価・お礼

ありがとうさぎ さん

2011/07/31 20:56

ご回答いただきありがとうございました。
目立った残留物といえばこの「穴」の存在程度です。
解体&整地でこういった残留物は全て撤去して貰えるものだと考えていたので
手抜きをされたのではないかと心配していました。
構造的には支障ないとの事なので気にしないようにします。
ありがとうございます。

回答専門家

岩間 隆司
岩間 隆司
( 東京都 / 建築家 )
株式会社ソキウス 代表取締役
03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

スマートに シンプルに 住う。 都市型住宅・集合住宅

都市の厳しい条件のもとでも、住宅や集合住宅を実現させてきました。住宅計画における制約は、生活空間に個性が生まれる、ひとつの契機として、ポジティブにとらえております。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

解体工事後の残留物について

住宅・不動産 新築工事・施工 2011/07/31 00:12

古家付きの土地を購入し、先日建物の解体工事を行いました。
工事は終了し現在は更地の状態です。
現地の確認を行った所、直径10センチほど穴が深さ数メートルといった感じであいていました。(暗くて… [続きを読む]

ありがとうさぎさん (東京都/40歳/男性)

このQ&Aの回答

地盤調査で判断・・・ 下大園 幸雄(建築家) 2011/08/01 10:30

このQ&Aに類似したQ&A

リビング・ダイニングの明るさについて ももこさんさん  2012-05-14 14:49 回答1件
建築工事請負契約について ドリさん  2015-06-09 23:50 回答1件
地盤改良工事 だんかいせだいさん  2013-07-10 22:24 回答3件
建築請負契約解除の撤回について(新築一戸建て) クリスタルガイさん  2012-02-14 15:19 回答2件
現場打ちL型擁壁の改修工事について ALTさん  2011-05-13 00:11 回答3件