返済額は変わりませんが、ローン残高が増える場合も - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
中原 秀樹

中原 秀樹
不動産業

11 good

返済額は変わりませんが、ローン残高が増える場合も

2011/07/06 10:42
(
5.0
)

はじめまして。《中古マンション売買専門》ホクセツホームの中原です。

sonaeru様のご質問についてですが、

返済額の見直しは5年ごと、その際の金額は直前の1.25倍まで、というルールについて
間違った理解や認識をされている方って結構いらっしゃいます。

「返済額が増えないのであれば安心」と考えられるのですが、
まったく安心ではありません。金利負担のリスクが存在します。

もしも金利が上昇した場合、

返済額は変わりませんが、実は、負担する金利の金額が上昇します。

例えば、

借入3000万円 35年返済 金利1% とした場合
月々の返済金額は、約85,000円(金利負担約25,000円)となります。

ですが、

金利が3.5%まで上昇すると、ローン開始後すぐであれば、
金利負担の金額だけで、約85,000円となります。

さらに、金利が上昇して5%までになると、
金利負担の金額が、約120,000円まで膨らみます。

そうなると、月々約35,000円金利負担の方が多くなってしまうことから、
結果、ローン残高が増えていくことになってしまいます。

つまり、どれだけ返済してもローン残高が減らない状況です。
逆に増えていってしまうという結果にも・・・

金利が低い時期がずっと続くならば大丈夫ですが、30年・35年という
長期にわたって、ローンの返済を予定する訳ですから・・・

常に金利上昇のリスクを背負うことになります。

だからこそ、できるだけ長期返済の予定にて購入計画を立てている場合には、
変動金利ではなく、固定金利にて返済プランを立てることをお勧めいたします。

少しでも参考になりましたら幸いです。


ホクセツホーム 中原 秀樹
「仲介手数料半額!!」大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀の中古マンション売買なら
ホームページ⇒http://www.hokusetsu-home.com/

購入
大阪
中古マンション
ローン

評価・お礼

sonaeru さん

2011/10/19 12:18

大変に遅い御礼となりまして申し訳ございませんでした。

分かりやすいご回答ありがとうございます、どうもとんでもない勘違いをしていた様で、大げさではなく人生においてピンチを迎えかねない所でした、本当にありがとうございます!!

固定金利のメリットをそれほど大きく感じていませんでしたが、考えを改めたく思います。

(現在のポイント:7pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

変動金利住宅ローン選択時の、金利上昇と返済額について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2011/07/06 09:07

変動金利型の住宅ローン商品を選択した際の、金利上昇と返済額についてご質問です。

変動金利の場合、金利の見直しは半年ごと、返済額の見直しは5年ごと、その際の金額は直… [続きを読む]

sonaeruさん (神奈川県/28歳/男性)

このQ&Aの回答

変動金利住宅ローン選択時の金利上昇と返済額について 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2011/07/06 16:30

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローン申し込み期間中や決済後について めいぷるぱぱさん  2009-11-25 18:53 回答2件
住宅ローン フラット35か固定10年か Maximさん  2009-07-23 14:20 回答3件
住宅ローン借換 ヴルさん  2016-08-19 08:24 回答2件
50歳過ぎてからの住宅ローンについて NatsuIroNancyさん  2015-07-11 13:16 回答2件