保険は保険、貯蓄は貯蓄で考えましょう! - 辻畑 憲男 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

1 good

保険は保険、貯蓄は貯蓄で考えましょう!

2011/07/02 12:18

こんにちは。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

 今のように金利の低い時は、基本は保険は保険、貯蓄は貯蓄で考えたほうがいいです。
保険は途中解約すると元本割れをするリスクがあります。また、今の低い金利を長期で固定するとインフレリスクがあります(外貨建て商品、変額保険は除く)。
ただし、個人年金保険は個人年金保険料控除を使えるので年間10万円までであればメリットがあります。今後の家計の収支状況で余裕があるのであればやってもいいでしょう。
その場合の商品としては、外貨建ての個人年金保険か利率変動型の個人年金保険がお薦めです。
また、外貨建てで貯蓄を考えるのであれば証券会社などが扱っている外貨建てMMFもあります。こちらは出し入れが自由なので為替の動向を見ながら出し入れし運用できます。

医療保険については、入院した時に預貯金などでカバーできるのであれば加入しなくてもいいのですが、そうでなければ保険でリスクヘッジをすべきかと思います。
保険は万が一のときにお金に困るから加入するものです。その当たりを考え検討してください。

外貨
個人年金保険
医療保険
貯金
家計

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社FPソリューション
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

貯蓄と保険会社の商品について

マネー 保険設計・保険見直し 2011/07/02 10:46

現在30歳(女)です。

最近よく貯蓄型や年金タイプ、生命保険(高度障害保障付)のものを進められます。

利率だけをみるとたしかに普通の貯金よりも戻りが多いのですが、
これから出産育児な… [続きを読む]

ユメさん (北海道/29歳/女性)

このQ&Aの回答

貯蓄と保険商品につきまして 山田 聡(ファイナンシャルプランナー) 2011/07/02 13:57
貯蓄と医療保険と先進医療・・・ 渡辺 美晴(保険アドバイザー) 2011/07/02 14:31
自信をもって!!あなたの考えは間違っていません! 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2011/07/03 11:30

このQ&Aに類似したQ&A

第一子が生まれるので保険の見直しをかけたいです ankoromochiさん  2013-02-14 11:17 回答2件
保険見直し中のアドバイスをお願いします mikenekosさん  2013-01-31 12:06 回答1件
保険の見直しについて こむたろうさん  2009-04-11 22:52 回答7件
漠然と不安になっています。 ワン1さん  2008-09-12 08:55 回答11件
病気の夫の生命保険 lala7さん  2014-08-16 15:21 回答1件