教育費と老後資金の不安につきまして。 - 松本 仁孝 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

教育費と老後資金の不安につきまして。

2011/06/09 07:40
(
4.0
)

はじめまして。

ファイナンシャル・プランナー、
CFP(R)認定者の松本です。

気づいた点につきまして、
書かせていただきたいと思います。

可処分所得のなかで、支出状況を拝見しますと、
外食費を除いた食費であるならば、
あと少し、節約できるように思えましたが、
うまくやりくりされているとの印象を受けました。

可処分所得に占める貯蓄額も25%を超えており、
着実に、堅実に、貯蓄されていると思います。

確かに、今後の経済情勢や政策によって、
不安要素がより大きくなることがありますが、
このままのペースで生活されていてもいい。
そのように考えています。

夫が妻のパート労働について、
反対されているようですが、
どうしても、不安要素が払拭できないとお考えならば、
世帯収入を増加させる一つの手段として、
ご夫婦で話し合われてみてもいいように思えます。

子育てに時間を費やすことになる前に、
パートに出られることも選択肢の中に入れておかれてもいい。
そのように考えております。

教育費や老後の資金を考える際には、
すでにあなたが書かれている通り、
経済情勢や政策に大きく影響されることがあります。

結論としましては、
貯蓄性向が0.25を超えている現状で、
着実に貯蓄を増やされていますので、
家計の中で行える備えは、きっちりしておられる。
そのように考えております。


取り急ぎ、回答させていただきました。


少しでもお役に立てていれば、幸いです。



「家計の見直し相談室」
http://www.kakeisoudan.net/



  

老後
備え
教育費
生活
家計

評価・お礼

ころろ さん

2011/06/09 23:19

この先給料アップは期待できず、税金だけ上がる状況に不安を感じていましたが、前向きに考えて見ます。
早い回答ありがとうございました。

松本 仁孝

2011/06/10 06:29

 
評価くださいまして、ありがとうございます。

前向きになっていただけて、
うれしく思っています。

ありがとうございます。
 

回答専門家

松本 仁孝
松本 仁孝
( 大阪府 / 行政書士 )
さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所 代表者

離婚 相続手続き 事業承継等 プランニングやご相談を承ります。

離婚、相続手続き、家計の見直し、不動産についての相談。また、知的資産経営や事業承継についての経営相談をお受けしていて。気づかされるのは、綿密なプランを作成することの重要性です。行動される前段階でのあなたに役立つプランづくりを応援しています。

(現在のポイント:6pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

教育費と老後資金の不安

マネー 家計・ライフプラン 2011/06/09 05:56

夫34歳 会社員
妻28歳 専業主婦
子ども  なし(将来1人希望)

収入
夫 会社員・月給手取り30万・ボーナス年間100万

家計について(月額)
・家賃(賃貸)      8万
・食費… [続きを読む]

ころろさん (北海道/29歳/女性)

このQ&Aの回答

教育費と老後資金の不安について 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2011/06/09 10:04
教育費、老後資金、ライフプランにつきまして 山田 聡(ファイナンシャルプランナー) 2011/06/09 17:39

このQ&Aに類似したQ&A

家計の見直しについて bingobingoさん  2010-10-07 01:08 回答3件
家計診断お願い致します めーたろうさん  2013-07-21 08:21 回答1件
これからの家計の計画 サンタクロースさん  2012-04-01 17:00 回答2件
将来のビジョンが見えず不安です。 ミニママさん  2011-06-19 07:14 回答3件
この家計で子ども3人は難しいでしょうか? にこたんさん  2010-01-25 22:12 回答2件