住宅ローン返済中の余裕資金につきまして - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
山田 聡

山田 聡
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローン返済中の余裕資金につきまして

2011/06/08 09:40
(
5.0
)

ファイナンシャルプランナーの山田と申します。

住宅ローン返済中の世帯においては、
教育資金の確保が重要な観点です。
余裕資金を繰上返済するか、資産運用にまわすか検討する前に
まずは、ご家庭の教育資金計画を決めることが重要です。

次に、将来の住宅ローン金利の上昇リスクを検討しましょう。
ご家庭の収入状況が金利上昇リスクに耐えることができるか、
検討する必要があります。

これら作業を行った後、資金の活用方法を決めましょう。

教育資金を確保できる見通しが立ち、
住宅ローン金利の上昇にも対応できる状況で発生した余裕資金は、
リスク許容度が上がりますが、
既に保有している資産も含めた総金融資産が
ご家庭の許容リスクに収まるように配分先を選択してください。

リスクをまったく取ることなく、
ほぼ預貯金金利以上の収益が上がる繰上返済を選択するか、
高い収益をあげる可能性はあるものの
元金の値下りリスクもあるリスク資産を選択するかは、
ご家庭のリスク許容度を考えたうえで決定します。

最後に、リスク資産への投資を検討する際には
過去の買値は考慮せず、今後の見通しが最も重要であることも
付け加えておきます。

以上、わずかでも参考となれば幸いです。
山田FP事務所 http://www.yamadafp.com/
山田 聡

ファイナンシャルプランナー
余裕資金
資産運用
住宅ローン

評価・お礼

goriroba さん

2011/06/08 20:24

早速の御回答ありがとうございました。

ライフプラン、資産運用について一度FPの方に相談したいと考えていますので
機会があればよろしくお願いします。

(現在のポイント:6pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローン繰上げ返済、資産形成について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2011/06/07 22:45

住宅ローン繰上げ返済についてご回答お願いします。

今年新築一戸建てを購入し都銀から2200万円を変動金利で団信付35年
内訳は1年0.8固定、以降34年店頭金利より1.45優… [続きを読む]

gorirobaさん (京都府/35歳/男性)

このQ&Aの回答

どちらがお気持ちに合った結果になるか。 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2011/06/08 09:27
住宅ローン繰り上げ返済、資産形成について 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2011/06/09 18:14

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンの返済が可能でしょうか kurukurusanさん  2014-09-10 20:37 回答1件
頭金0円で家を建てるのは無理ですか? にの子さん  2009-02-23 00:34 回答4件