お客様が自社の本来の姿を教えてくれます。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
工藤 英一

工藤 英一
経営コンサルタント

- good

お客様が自社の本来の姿を教えてくれます。

2012/06/13 20:18

1.つぶれそうになって理念を作る

明治2年創業、日本の教授たちに本(知識)を提供し続けてきた会社が、多角化で赤字化していき、方向を見失い、つぶれる寸前までに来たときに、ぎりぎりで理念を再構築したのです。

1)ミッション:社会における役割・存在意義  「知を鐙す 丸善」
2)ビジョン:3年後に目指す姿  「もう一度、丸善になる」
3)価値観:バリュー:経営陣・従業員全員が共有し大切にする考え方  
  「知に生き、人間を信じる」


2.丸善の理念の作成方法

・全従業員にアンケート配布。
・役員全員が、すべてのアンケートと従業員ディスカッションで書かれた模造紙を見る。
・お客様にヒアリングする。
・自らの心に響く言葉を選び抜き、「丸善」を表現し、発表し経営理念を作成し小冊子にする。
・新経営理念を発表する。
・会議室、オフィスフロアなど丸善社内の様々な場所に掲げられ、社内外の人々の目に触れるようにする。


3.お客様の声の例

「昔の営業マンは、図書カード一枚で2時間も話せた。一枚の図書カードを皮切りに、そこから話題が広がっていくんだ。そこには知性の世界が広がっていた。その時間はとても楽しいものだったね」 (大学経営層)
「昔はやはり文化を売っていますというプライドを持っていた。学問のジャンルごとの風が、営業が来ると感じられた。扉が開いた瞬間にその風を感じさせてくれる人がいた」 (大学経営層)



「もう一度丸善になる」というのは、3年後には「丸善は知や文化を運んでいた」という、本来の姿に戻るという意味です。

この忘れていた、自社のあるべき姿を思い出させてくれたのはお客様です。
お客様に聞いたからこそ思い出すことが出来たのです。

ミッション、ビジョン、バリューを作り上げるとき、役員と企画部だけで作ることは不可能です。役員、社員、お客様全員から意見や感想や評価をいただかないと、本当に自社のあるべき姿が見えてこないからです。




詳しくはこちら


by Qualia-Partners  工藤英一

価値
理念
経営理念
ビジョン

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

企業の「ビジョン」「ミッション」「バリュー」を策定する方法

法人・ビジネス 経営コンサルティング 2011/05/24 14:29

外食関係の会社の経営企画部の者です。事業拡大のため人員も増えつつあります。そこで今一度、会社の「ビジョン」「ミッション」「バリュー」を策定し、社内に浸透させたいと考えています。どのような構築方法&浸透させるための案がありますでしょうか。ご指導ください。

doraemonbanzaiさん (東京都/38歳/女性)

このQ&Aの回答

平易でもいい。主語を明確に描きましょう 辰巳 いちぞう(経営コンサルタント) 2011/05/24 14:42
「ビジョン」「ミッション」「バリュー」の策定と浸透 藤田 信之(経営コンサルタント) 2011/05/24 15:07
正しい翻訳を! 竹谷 泰史(経営コンサルタント) 2011/05/24 15:51
創るのではなく、生まれるもの 悠木 そのま(ブランドコンサルタント) 2011/05/25 00:06
策定以上に浸透が難しい 福岡 浩(経営コンサルタント) 2011/05/30 08:34

このQ&Aに類似したQ&A

企業の「ビジョン」「ミッション」「バリュー」の策定 doraemonbanzaiさん  2011-05-24 14:25 回答2件
零細企業のグループ化?提携? KAZBEATさん  2010-01-09 20:48 回答4件
Web制作会社の今後の経営戦略は? 専門家プロファイルさん  2008-10-16 18:14 回答5件