創るのではなく、生まれるもの - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
悠木 そのま

悠木 そのま
ブランドコンサルタント

1 good

創るのではなく、生まれるもの

2011/05/25 00:06

竹谷さんのご助言に共感しつつ、コメントを差し上げております。

まず、カタカナ文字を使う時には、日本語の辞書と原語の辞書
両方をお調べになることをお勧めいたします。

分かっているような気がする言葉ほど、辞書をひいてみると
実は、分かっていなかったことに気づかされます。

もちろん、すでに、辞書はひかれたかもしれませんが
万一、まだのようでしたら、ここからスタートされては如何でしょうか。

次に、これらの策定を経営者や上司から依頼されたのであれば
依頼主が、それぞれをどのような意味と意図で使っているか
ご本人に確認し、対話をして、意味を共有してくださいませ。

人々は、同じ言葉を違う意味で使うことが多く
そのために、会話や会議がかみあっていないシーンをよく見かけます。

依頼されたのではなく、ご自身が上申するおつもりなら
明確に説明できるよう、考えを深められるとよいかもしれませんね。

私のビジネスパートナーである高野登氏はご存じのとおり
元ザ・リッツ・カールトン・ホテル&カンパニー(RC)の日本支社長で
知る人ぞ知るの「クレド」の実践者、伝道者でもあります。

クレドとは、「信条」という意味をもつラテン語であり
RCのクレドにはお客様への約束がつづられています。

RCでは、クレドを実践するために、全従業員が毎日
15~20分のラインナップ(ブリーフミーティング)を開き
内容を確認し合っている、というのも有名な逸話です。

高野さんが言うには、クレドは創られたのではなく
生まれてきたのだそうです。

創業時のクレドは創業者たちが
数年前に改定されたクレドは改定を担当した社員たちが
話し合いを重ねるうちに自然に、必要な言葉が残ったのだそうです。

経営陣との対話になるのか、策定委員メンバー間の対話になるのか
両方なのか、いずれにしても、これまでの企業活動の意味合いを
社会への貢献という視点で語り合えば、そこからミッションが生まれ
今後、めざすしていきたいイメージを語り合えば、ビジョンが生まれ
お客様へ価値する価値を他社との差別化という視点で語り合えば
そこからバリューが生まれてくることになります。

ぜひ、策定の要として、上から下までの様々な方々と対話をなさり
創るのではなく、生まれてくる言葉を大切にすくいあげては如何でしょうか。

補足

蛇足ながら、「企業ビジョン策定プランニングガイド」という
策定マニュアル本がかつて発行されていました。(1992年/JMAM)

ビジョンをつくるのが流行った頃の分厚いマニュアル本です。

現在、amazonでは取り扱わなくなっているようなので
図書館で探されると、何かしらのヒントを得られるかもしれません。

差別化
価値
ビジョン

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

企業の「ビジョン」「ミッション」「バリュー」を策定する方法

法人・ビジネス 経営コンサルティング 2011/05/24 14:29

外食関係の会社の経営企画部の者です。事業拡大のため人員も増えつつあります。そこで今一度、会社の「ビジョン」「ミッション」「バリュー」を策定し、社内に浸透させたいと考えています。どのような構築方法&浸透させるための案がありますでしょうか。ご指導ください。

doraemonbanzaiさん (東京都/38歳/女性)

このQ&Aの回答

平易でもいい。主語を明確に描きましょう 辰巳 いちぞう(経営コンサルタント) 2011/05/24 14:42
「ビジョン」「ミッション」「バリュー」の策定と浸透 藤田 信之(経営コンサルタント) 2011/05/24 15:07
正しい翻訳を! 竹谷 泰史(経営コンサルタント) 2011/05/24 15:51
策定以上に浸透が難しい 福岡 浩(経営コンサルタント) 2011/05/30 08:34
お客様が自社の本来の姿を教えてくれます。 工藤 英一(経営コンサルタント) 2012/06/13 20:18

このQ&Aに類似したQ&A

企業の「ビジョン」「ミッション」「バリュー」の策定 doraemonbanzaiさん  2011-05-24 14:25 回答2件
零細企業のグループ化?提携? KAZBEATさん  2010-01-09 20:48 回答4件
Web制作会社の今後の経営戦略は? 専門家プロファイルさん  2008-10-16 18:14 回答5件