壁を面構成としてとらえる。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

竹中健次

竹中健次
建築家

- good

壁を面構成としてとらえる。

2011/05/02 23:14

建築を考える場合には壁をどのように考えるかです。モダニズム建築以降には空間構成の面として考えるようになり,ヨーロッパ建築に見られるような装飾性はなくなるようになりました。中国からヨーロッパ人が紙を輸入して壁紙として利用するようになり,現在のように発展しました。布製の壁紙やプリント時の壁紙など多重に渡るようになりました。(イギリスのウイリアム・モリスのプリント柄の壁紙が,アールヌーボー以降はやり,現在も輸入クロスとして販売されています。)
現代建築は,モダニズム建築の流れの中で単一な面としてとらえる傾向があり,家具などで施主の個性を出すようになっています。
過去の建築材料からすると,漆喰・ペンキ(水性)・クロスとなります。
漆喰:工事の時期が難しく,夏や冬は施工してはいけません。乾燥が激しいと下塗り・中塗り・上塗りなどの行程の中で,付着不足やひび割れを起こす可能性があります。冬場は凍害などで,下塗りの乾燥不足や密着不足が起こりますので,湿度のある春や秋に塗るのが原則です。
ペンキ:水性ペンキがヨーロッパでは一番多いです。これは素人でも塗りやすい物ではやっていますが,汚れがつきやすく日本人好みとは言えません。EP−Gというぞうきんで拭ける材料が開発されています。水性ペンキの改良品です。予算や将来の下地に施工に伴うクレームを解消するために高価な物になります。紙クロスなどもライトの反射の風合いが出て面白い物があります。予算を考えた場合には凹凸の少ないビニールクロスをお勧めします。ビニールクロスは,のりが乾くと凹凸が伸びてほとんどフラットに見えます。ペンキを塗った物と変わらない感じに仕上げることが出来ます。一番のお勧めは,EP−Gですが,予算も考慮してセレクトして下さい。

中国
冬期
秋期
夏期
春期

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

壁紙の選定について

住宅・不動産 インテリアコーディネート 2011/05/01 13:40

以前、床色について質問しご教授頂いた結果から、
白いフローリングに決定し、ならば壁紙と天井も白かなと考えております。

「目指すインテリアの方向性=シンプルモダン?」
・建具&家具ウォルナット色とキ… [続きを読む]

redkingさん (東京都/31歳/男性)

このQ&Aの回答

私は床とのイメージから漆喰が一番と思いますが・・・。 吉良 ヒロノブ(インテリアデザイナー) 2011/05/01 13:55
白い壁もキャンバスに! 阿部 貴日呼(建築家) 2011/05/01 14:08
施工の仕上がりとデコボコについて 大谷 薫(インテリアデザイナー) 2011/05/02 10:48

このQ&Aに類似したQ&A

LDにおけるインテリアのテイストの揃え方 おしさん  2010-08-01 17:59 回答2件
建具とフローリングと壁紙の色選び りなんさん  2008-12-14 18:36 回答1件
照明器具で悩んでいます なるあっちさん  2009-09-14 12:04 回答1件
ヴェンゲ色の床に合う家具は? あめあめさん  2009-03-13 15:35 回答1件
LDKの色づかい スナッグルさん  2008-06-20 02:36 回答1件