ストレス性関与による筋筋膜性腰痛症の疑い - 岩崎 治之 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:心と体の不調

岩崎 治之 専門家

岩崎 治之
柔道整復師

7 good

ストレス性関与による筋筋膜性腰痛症の疑い

2011/04/02 19:22

skysurfbabyはじめまして、ご質問ありがとうございます。


質問内容から判断するのは容易ではありませんが・・・

今回の腰痛の原因は外傷性でなくストレス性といって、普段の食生活上で糖分および塩分過剰摂取を含めた高脂肪過多となったり、食事をする時間帯によってはインスリン抵抗性といって血糖値が下がらない状態『筋肉や肝臓でインスリンの作用が低下している状態』が関連性として考えられます。

なお抵抗性が生じると、骨格筋や脂肪組織などでブドウ糖の細胞内取り込みが抑えられます。

そのほかアルコール量・濃度も関連して腎・膀胱・尿管機能低下に拍車がかかり、尿酸値が高値になっている場合や腎臓・膀胱結石が大小存在している場合など左側腰痛は内臓領域の関連痛として投射されている可能性かも知れません。


まず医療機関で生活習慣病を含めた尿・血液検査・腹部エコー検査などされても良いと思います。

仮に異常がない場合でも内臓機能低下による生活習慣病予防として代替補完医療分野をお勧めいたします。

All Aboutプロファイルには代替補完医療の専門家が多数いらっしゃいますので受診についてご相談されるのも良いでしょう・・・

もし内科的検査でも異常がなく、左側腰痛がどこへ行っても改善されない場合は東京・立川方面でよろしければ私が力になりますのでお気軽にご相談ください。

補足

「痛みに効くレーザー治療」お問合せ
http://www.iwasaki-laser.net

All About
原因
腰痛
ストレス
予防

回答専門家

岩崎 治之
岩崎 治之
( 東京都 / 柔道整復師 )
いわさき痛みの整骨院 院長
042-529-5123
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

痛みとストレスをテーマに心と身体にやさしい治療をめざします

わたしは物理工学の分野である「波長」や「周波数」「共鳴振動」を治療技術に応用し、複合ストレス=「氣」の停滞が原因とされる未病(微小循環障害または末梢血行障害)に対してQOLを重視した全人的かつ人間主義の統合的治療を展開しています。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

左側腰痛

心と体・医療健康 心と体の不調 2011/04/02 12:08

初めての経験で困惑しておりますので、ぜひアドバイスをお願いします。

4日ほど前の午後3時頃に、突然腰の左側が痛くなりました。常に痛みを感じるという意味ではなく、前屈したり、上体を回転させたりすると激しい痛… [続きを読む]

skysurfbabyさん (神奈川県/40歳/男性)

このQ&Aの回答

ウエイトトレーニングは計画的に行なってますか? 福島 多香恵(ピラティスインストラクター) 2011/04/02 19:51
病院で検査しましょう 成瀬 豪(柔道整復師) 2011/04/06 10:41

このQ&Aに類似したQ&A

倦怠感… tachimakoさん  2015-06-12 12:18 回答1件
病気なのか、ストレスがなのか知りたい。 しーちきんさん  2015-03-12 13:54 回答1件
何科に受診すればよいですか。 HappyCloverさん  2013-03-11 14:29 回答1件
軽いうつでしょうか togawaさん  2012-09-17 09:04 回答1件