躯体内通気と外壁通気 - 小松原 敬 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

躯体内通気と外壁通気

2011/03/16 15:05

躯体内通気と外壁通気は業界内でも混同されているようです。

まず断熱材が繊維系の場合は結露の危険があります。地域的には寒い地域が危険です。
現場発泡ウレタンの場合は、構造用合板に密着する上透湿性がないので、躯体内結露の
おそれは無いと考えられます。
内壁側の防湿ビニールも基本的にはいりません。

構造用合板を使う場合、合板には透湿性はありません。透湿構造用合板というのは
初めてききましたが、面材の耐力が落ちない程度に穴をあけている合板なのでしょうか?

繊維系の断熱材だとそうした合板は、躯体内の通気に役立つと思います。
逆に、通常の構造用合板を使用する場合は躯体内通気は望めません。
現場発泡ウレタンの場合は、合板に接着してしまうので意味はないように思います。

外壁通気は構造用合板を使用した造りの場合、単純に壁の裏に廻ってしまった雨水を
排出するだけの役割です。構造用合板が濡れてしまった場合の対策にもなりますが。

躯体内通気を期待する場合は構造用合板を使わないか、穴をあけて躯体内と
つないであげる必要があります。

その場合であっても、通気胴縁の厚みは18~25mm程度あれば充分です。
75mmというのは非常に厚いです。
窓の納まりが難しくなるのと窓枠の大きさが大きくなります。

通常日本の家は窓は半外というつけ方をしますが、もしかしたら内付けというつけ方
をしたいのでしょうか。
内付けにすると、窓が外壁より引っ込むRCのような彫りのある外観になります。
そうしたデザインをお望みであれば75mmくらいあってもいいと思います。
その場合はデザイン上の意味でそうするのですが。

躯体内通気は、通気層の厚み以外にも上部をどうやって抜くかが大事です。
そうした納まりの検討が大事です。

ちなみに窯業系サイディングは最近は16mmが多くなっています。
サイディングとガルバリウム鋼板の貼り分けをする場合は段差の処理が難しいですね。

よく建築士と相談してみてください。

デザイン
外壁
断熱材
窓枠

回答専門家

小松原 敬
小松原 敬
( 神奈川県 / 建築家 )
一級建築士事務所 オフィス・アースワークス 代表
045-314-5360
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

富士北山の木で家を建てませんか

富士の裾野で育った産地直送の天然乾燥無垢材を使って、エコで健康的な家造りをしませんか。無垢材対応金物工法・特殊ビスによる5倍耐力壁で、耐震等級3でありながら風と光が通る大開口をもつパッシブデザインの家がリーズナブルに建てられます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

通気層について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2011/03/16 12:03

現在新居を設計中で外壁の通気層厚さですが、設計士が言うには、20mm前後の厚みで考えているらしいのですが、私の目指している外壁は〇ーサ〇ーレと同じ仕様で、内壁から石膏ボード(12.5mm)→防湿シート(1.0m… [続きを読む]

technoさん (兵庫県/43歳/男性)

このQ&Aの回答

外壁の通気層は18mmとしています。 東島 鋭(建築家) 2011/03/16 13:41

このQ&Aに類似したQ&A

外張り断熱と充填断熱併用における壁内結露について taniyamaSYO112さん  2011-04-17 22:00 回答2件
防湿シートは必要ですか どらたいママさん  2009-12-24 01:53 回答1件
外壁通気工法(サイディング)の下地について 住宅購入希望さん  2013-03-19 15:25 回答1件
屋根の防水について pep25さん  2013-01-14 00:56 回答1件
準防火地域の鉄骨造の仕様について ぽーchanさん  2009-06-24 23:26 回答2件