生命保険の考え方 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:生命保険・医療保険

森 久美子

森 久美子
ファイナンシャルプランナー

6 good

生命保険の考え方

2011/01/21 16:31

 ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。

 生命保険加入の基本的な考え方をお話しします。

 
 私たちの暮らしの中には、経済的ダメージを伴う大きなリスクというのがあります。

 「暮らしを支えている人が亡くなり、残された家族の暮らしが成り立たなくなって困る」というのがそれにあたります。そして、それを保障しようというのが死亡保険。

 子どもたちがまだ小さく、家計にも余裕がない時代ほど、死亡保険は家庭の大切なリスク対策になります。死亡保険に加入する場合は、まず一家の働き手が優先順位の一番目ということ。

 優先順位の二番目が、働き手の医療保障です。

  
 なりんこさんの奥さまが専業主婦で、お子さんたちがまだ小さい、というような家庭は夫であるなりんこさんに十分な保障を確保しておきたいものです。

 ただし、子どものいる家庭には、万一のときの公的な保障=「遺族年金」があります。

 遺族年金は、夫が加入している年金の種類によって、もらえる金額や期間が違いますが、18歳未満の子どもがいる場合、自営業者で子ども一人なら年に約100万円。二人なら約125万円、会社員なら平均で年40~50万円くらいが上乗せされます。
 

 医療保障についても、会社員であれば、病気やケガの療養のため働けず十分な報酬が得られない場合は、健康保険から傷病手当金が支給されます。最長1年6ヶ月、一日につき標準報酬日額の3分の2に相当する額です。 
 
 また、入院に要する支出には、医療費のほか、入院中の食事代、差額ベッド代、雑費などがありますが、国民健康保険や健康保険を利用して治療を受けた場合、月初めから月末までの1ヶ月間の医療費の自己負担額には上限があり、個々の所得区分に応じて高額療養費が健康保険から支給されます。                     



 大事なのは、公的な保障がいつまでどのくらいあるかを知り、その上で教育費や住まいのことや働き方など、どんな暮らしを望むかをよく考えること。
 その後の暮らし方によって適正な保障額は違ってきます。

 
 つまり、わが家の保険を考えるには、それなりに勉強も必要ということですね。トータルで保険料を何百万円も支払うことになるかもしれないのですから、面倒がって他人任せはしないほうがいいですよ。


森久美子が提案する快適ライフhttp://fpmori.com/

生命保険
死亡保険
高額療養費
遺族年金
医療

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

生命保険選び

マネー 生命保険・医療保険 2011/01/21 15:11

既婚者男性34歳 妻 子0歳1歳です

生命保険に加入しようと検討中なのですが、判断基準がわかりません。

どこの保険がいいのか・・・。医療面を』充実させるものを設定したいです。

初歩的ですがアドバイスお願いいたします

なりんこさん (兵庫県/34歳/男性)

このQ&Aの回答

保険の考え方について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2011/01/21 15:57
保険加入目的 釜口 博(ファイナンシャルプランナー) 2011/01/21 19:39
保険選びで1番大切な事は優先順位を付ける事でしょうね。 植森 宏昌(ファイナンシャルプランナー) 2011/01/22 02:30
生命保険選びについて 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2011/01/22 09:20
必要な保障を整理してみましょう。 宮里 恵(ファイナンシャルプランナー) 2011/01/23 09:55
保険選び 渡辺 美晴(保険アドバイザー) 2011/01/21 16:36

このQ&Aに類似したQ&A

生命保険・医療保険選びについて めろん545さん  2013-12-09 10:51 回答2件
養老保険と個人年金保険 mamochanさん  2010-09-24 09:22 回答5件
生命保険、ガン保険の切り替えについて まゆまゆっちさん  2009-02-28 20:44 回答8件
医療保険見直しでの条件付き加入について shimi720さん  2014-08-12 11:31 回答1件
50歳台の保険見直しこれで良いの toshi217さん  2014-01-20 01:49 回答4件