ケースバイケースですが - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ケースバイケースですが

2006/02/15 22:22

常識的に見て許容範囲を超えている場合は修繕してもらいましょう。実際にやってくれるかどうかは、売主、施工者、購入者の認識の違いもありますから、購入者の要求通りに完璧に直してもらうことは無理だと思っていたほうがいいと思います。

私個人の意見としては、住宅は、工場で生産されるものではないので、運搬や施工中に傷がつくことは多々あります。それに自分が住んで使用する中で、必ず傷ついたり、汚れるものです。そう考えたときにあまり細かい傷は気にしないほうがいいでしょう。経年とともに傷がある事実は変わらなくても、味が出てきたり、傷が他にはないあなたの住宅の証になっていくと思います。

竣工検査では、細かい傷に目が行きがちですが、それよりももっと重大な欠陥がないかに気を使ったほうがいいでしょう。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

引渡し前の新築物件、傷がある場合は?

住宅・不動産 住宅検査・測量 2005/11/21 00:00

待ちに待った新築物件がいよいよ竣工し、近々引き渡しの予定です。ただ、壁紙やケーシングなどに、細かい傷がたくさんあって…。こういった傷は、どの程度まで直してくれるものですか?

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

このQ&Aに類似したQ&A

住宅性能表示制度のポイントを教えてください 専門家プロファイルさん  2008-01-31 19:10 回答1件
地盤について くみこさん  2008-04-17 23:42 回答1件
欠陥住宅を見抜くポイントは? 専門家プロファイルさん  2007-10-25 18:40 回答1件
不動産の権利諸が紛失した場合は? 専門家プロファイルさん  2005-11-21 00:00 回答1件
セットバックについて教えてください 専門家プロファイルさん  2005-11-21 00:00 回答1件