住民税は、前年度の所得で決まりますから還付は有りません。 - 野口 豊一 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
野口 豊一 専門家

野口 豊一
ファイナンシャルプランナー

- good

住民税は、前年度の所得で決まりますから還付は有りません。

2011/01/11 22:54
(
5.0
)

不動産中心のFP野口です。

 fukky様のご指摘の「1.住民税の還付」は、仕組みが違うように思います。

所得税(国税)は、月々徴収した源泉税は仮徴収的な税です。これを12月に年間の給与所得額決定に伴い、正確なその年度に税額を決定すること=「年末調整」の形で行います。

これに対して、地方税(住民税は)前項の前年度の課税所得を基に翌年6月より各月に別れ、地方税が源泉徴収(給与より控除)されます。即ち、所得税はその年度で清算、地方税は前年の所得で決まり翌年徴収(国税の課税所得に対して10%+均等割り)、と言う形です。

したがって、源泉税がゼロ(所得税=0)だから、残りは地方税から還付と言う形ではないのです。本年23年度が所得税がゼロの場合は、翌年24年6月よりの地方税は、均等額分が4,000円のみで、他はゼロになるだけです。(地方により若干の差がありますが)地方税の還付は原則有りません。

「2.不動産事業分の還付」については、所得税等をを納めていなければ、当然地方税(住民税)の還付は有りません。


奥さんが、働いていて所得税などがあれば、不動産を共有名義にして不動産所得が夫々でマイナスであれば、夫々でローン控除が分散出来るでしょう。この場合は取得するマンションと不動産経営している不動産も共有と言うことになります。途中で共有は不動産の規模にもよりますが、夫から妻への贈与税が発生する可能性もあります。ご留意を。

お住まいの県、市町村により若干の調整がありますが、微調整です。基本は変わりません。

贈与税
住民税
年末調整
所得税
源泉徴収

評価・お礼

fukky さん

2011/01/12 10:45

野口さん

国税と地方税のご説明、参考になりました。
不動産の持分はもう少し検討してから決めようと思います。

ご回答ありがとうございました。

回答専門家

野口 豊一
野口 豊一
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
代表取締役
03-3358-9777
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

不動産投資、マンション経営、FPの観点からコンサルタント

独立系のFP、不動産業者とは一線を画し常に第3者の観点からコンサルタント、長年のキャリアと実践て培った経験をを生かします。法律、経済、税務など多角的に論理整然とし、これを実践で生かします。誰にも負けない「誠実性」「洞察力」を発揮します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローン控除について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2011/01/11 18:45

28歳男でサラリーマンで配偶者有りです。

H23年3月に自宅マンションを購入予定で、4000万の住宅ローンを組みます。

不動産を所有していて毎年確定申告で還付を受けているのですが、
源泉徴収上だと約3… [続きを読む]

fukkyさん (神奈川県/28歳/男性)

このQ&Aの回答

住民税からも控除を受けられます 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2011/01/11 21:39

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローン控除と医療費控除を同時に申請は可能? ゆぅうさん  2009-02-13 17:08 回答1件
住宅ローン控除の適用期間について トミー2532さん  2008-02-27 08:59 回答2件
住宅ローンの色々 ru-ru-さん  2010-01-17 13:19 回答2件
住宅ローン控除特例措置が得か?また、扶養控除は? いのいのさん  2008-03-12 17:57 回答1件
住宅ローン控除の10年と15年の選択について みきみきさん  2008-02-13 11:42 回答2件