戸籍、遺族年金についてのご質問に対しまして。 - 松本 仁孝 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:法律手続き・書類作成

戸籍、遺族年金についてのご質問に対しまして。

2010/12/27 17:51
(
5.0
)

はじめまして。
行政書士の松本です。

ご質問の件につきまして、
書かせていただきたいと思います。

ご相談の趣旨は、
祖母の相続発生について、
養子縁組されていなかったあなたのお母様に、
相続人の地位があるのかないのかについて、
お聞きになりたいのだと思います。

あなたのお母様は、
被相続人の子ではありませんので、
あなたがご指摘の通り、
法定相続人には該当いたしません。

また、後になってから、
養子縁組を成立させる制度は見当たりません。
養子縁組は、養子になることについて、
双方の合意が必要とされるためです。

特別縁故者に対する相続財産の分与に関して、
該当するようなご事情でもない限り、
相続人たる地位にはないと、お答えせざるを得ません。

参考として、
特別縁故者について書かれてあります、
裁判所のWebサイトを載せておきます。
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_06_16.html

取り急ぎ、回答させていただきました。
少しでも、あなたのお役に立てていれば、幸いです。


 「さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所」

  代表者 CFP®認定者 行政書士  松本 仁孝


 

補足

 
養子縁組のところで、
「双方の合意が必要である。」と書かせていただきましたが、
それ以外にも、養子縁組を成立させる方法として、
家庭裁判所の許可がある場合等におきましても、
成立することになります。
 
直接的には、回答内容の趣旨に、
影響することではありませんが、
説明が不足しておりましたので、
補足のところに書かせていただいた次第です。

遺族年金についてですが、
お母様に限らず、「子」としての遺族の範囲には、
該当していないように考えています。

「子」とは、年齢が18歳になった年度末までの子が、
遺族の範囲に入るものと考えております。

以上、補足させていただきます。


 「さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所」

  代表者 CFP®認定者 行政書士  松本 仁孝


 

財産
年金
相続
遺族年金
遺族

評価・お礼

921good さん

2010/12/27 20:11

松本様

すいません。質問のほうでご返信しましたが、
今回の件に関して、お忙しい中ご返信いただきまして
ありがとうございました。とても参考になりました。

松本 仁孝

2010/12/28 07:20

 
評価くださいまして、ありがとうございます。

受信ボックスにあった、
あなたからのメッセージを拝見しました。

少しでも、お役に立てることができ、
私自身も、ありがたく思っています。

ありがとうございます。
 

回答専門家

松本 仁孝
松本 仁孝
( 大阪府 / 行政書士 )
さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所 代表者

離婚 相続手続き 事業承継等 プランニングやご相談を承ります。

離婚、相続手続き、家計の見直し、不動産についての相談。また、知的資産経営や事業承継についての経営相談をお受けしていて。気づかされるのは、綿密なプランを作成することの重要性です。行動される前段階でのあなたに役立つプランづくりを応援しています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

戸籍、遺族年金について

暮らしと法律 法律手続き・書類作成 2010/12/27 17:13

先日、祖母がなくなりました。

そこで今まで祖母と思っていた方が、
戸籍上では他人だったというのです。
そのため遺族年金もいただけないとの事でした(母いわく)


祖母と祖父は結婚をしていたみ… [続きを読む]

921goodさん (兵庫県/27歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

亡父の生涯戸籍で初めて分かった義兄の存在 junjunjunjunさん  2015-08-04 14:54 回答2件
遺産相続について ナナばあちゃんさん  2011-11-05 00:01 回答1件
離婚後の住宅名義変更について あまりりす77さん  2010-09-12 18:06 回答1件
子供がいない場合の相続について みもざさん  2008-11-14 17:20 回答1件