離婚できますかとお尋ねになる前に。 - 松本 仁孝 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

離婚できますかとお尋ねになる前に。

2010/12/27 13:51

はじめまして。
行政書士の松本です。

気づいた点について、書かせていただくことにします。

あなたの交際相手の男性は既婚者であることを、
深く認識しておいてください。

私が感じた事。それは、
「男性の妻のご病気を治ゆする方向へと、
 向かわれることが、すべての事柄よりも、
 優先されるのではないか。」 です。

うつ病で入院が必要と診断された事実に、私は注目しています。
うつ病の症状が、男性の妻の行動を制約することがあります。

洗濯や掃除、料理などの家事全般をこなしていけない。
親戚づきあいをうまくやっていくことができない。
パチンコ店へ足しげく通ってしまう。

これらの行動は、確かに、男性の妻が、
うつ病を発症させる前からのパーソナリティーによって、
生じているのかもしれませんが、うつ病の症状が、
それらの行動を助長しているように、感じられてなりません。

発症する前の状態に近づけてあげることによって、
男性の妻の判断する力が戻ってまいります。

今の状態で、離婚を迫るような行動は、
時期尚早であるように思えます。

男性の対応として求められるのは、
妻の主治医と治療についての方針を定めて、
必要があれば、男性の自宅に往診してもらうなど、
治療環境を整えてあげることだと考えています。

妻が入院することを拒んだとしても、
精神科医とともに、説得していく必要があります。

男性の妻の病状が軽くなって、
判断する力が戻ってきたと感じられる状態を、
作り出していくことが優先事項である。

それは、あなたにとって、
決して、都合の悪いことではないはずです。
あなたへのリスクを軽減させる方策でもあるのです。

婚姻関係の継続を困難とする重大事由には至っていない。
今すぐ、離婚を迫らないほうがいいと考えております。

少しでも、お役に立てていれば、幸いです。


 「さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所」

  代表者 行政書士  松本 仁孝


 

環境
精神科
治療
うつ病
離婚

回答専門家

松本 仁孝
松本 仁孝
( 大阪府 / 行政書士 )
さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所 代表者

離婚 相続手続き 事業承継等 プランニングやご相談を承ります。

離婚、相続手続き、家計の見直し、不動産についての相談。また、知的資産経営や事業承継についての経営相談をお受けしていて。気づかされるのは、綿密なプランを作成することの重要性です。行動される前段階でのあなたに役立つプランづくりを応援しています。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

奥さんが鬱病、離婚はできますか

恋愛・男女関係 離婚問題 2010/12/26 13:23

はじめまして。早速質問させて頂きます。
今、私には好きな人がいます。
しかし、その方は結婚していて奥様はうつ病にかかっております。
二年前に入社した会社で出あってから、普通の職員として… [続きを読む]

しろ子さん (熊本県/24歳/女性)

このQ&Aの回答

彼の本心と決断が大事 別役 慎司(ビジネススキル講師) 2010/12/31 17:50

このQ&Aに類似したQ&A

離婚すべきか悩んでいます。 あすたさん  2010-10-31 15:22 回答1件
離婚して親権取れますか? るららさん  2007-08-06 11:23 回答1件
9月で別居一年 らんらんらんさん  2015-08-25 05:14 回答2件
養育費をはらいたくありません にじのぱぱさん  2012-05-10 06:57 回答2件
離婚したくないが、慰謝料を多く請求する方法 rikonsinitaiさん  2016-03-29 08:38 回答1件