気密テープでの処置について - 近藤 崇 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

近藤 崇 専門家

近藤 崇
不動産業、建築業

- good

気密テープでの処置について

2010/12/27 17:01

断熱材の揺れの程度、隙間の程度などは、ご相談の内容からすると、状況が正確に判断できないのですが、気密テープでの処置もしっかりした処置の一つだと思います。

ただし、その隙間の程度が2mm、3mmと著しい場合には、気密テープでは物足りないこともあろうかと思います。

また、小屋裏には、小屋裏換気と言って、計画的に外気を取り入れる工法を取っている建築会社もあります。

小屋裏換気を計画していると、風の強い日には断熱材が揺れることもあろうかと思います。

今回の隙間と、小屋裏換気の計画は関係が無さそうですが、小屋裏の空気が動かなくなってしまった場合、湿気が溜まったり、夏の熱気が溜まり、夏はひどい状況になることもあります。それを防ぐために、小屋裏の空気を動かしています。

性能保証とはいえ、外壁通気工法による施工も認められていますので、その工法を取っていた場合には、強風が吹く日には小屋裏で断熱材が揺れることがあるのではないかと思います。また、劣化軽減に関する項目では、小屋裏は換気される方が、高い評価になると思います。

性能保証住宅であれば、紛争処理にも相談に乗ってくれると思いますので、ご相談されてみてはいかがでしょうか。

建築
換気
評価
保証

回答専門家

近藤 崇
近藤 崇
( 不動産業 )
リブインスタイル LIVE IN STYLE 代表取締役

ワクワクする家探しをしましょう!

こんな暮らしをしたいという理想と限りある予算という現実を満足のいく形で繋いでいくプロのコーディネーターです。溢れ返るほどの情報の中で、今よりもっと豊かな気持ちになれるようなそんな住まいをいっしょに創造していけたらと思っています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

屋根断熱の小屋裏の隙間について

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2010/12/25 22:41

2年前位に建売住宅を購入しました。
私の家は屋根断熱なのですが、最近小屋裏の点検をした時に、軒天と屋根の間に隙間が空いており、少し風が強い日はそこから風が入ってきて、断熱材が風で揺れて… [続きを読む]

楽天さん (兵庫県/31歳/男性)

このQ&Aの回答

屋根断熱 小松原 敬(建築家) 2010/12/29 13:44
外壁の断熱施工はどうなっていますか? 柏倉 智弘(工務店) 2010/12/29 21:31

このQ&Aに類似したQ&A

新築から丸四年、雨漏りに悩まされてます チェルタローさん  2013-03-05 22:39 回答3件
不動産売却トラブルについて pinkynon7さん  2012-12-05 01:31 回答1件
設計・監理について チムニー55さん  2012-04-04 21:44 回答1件
屋根裏の鳥について イシさん  2011-11-17 15:44 回答1件