境界杭と建築確認についてですね。 - 松本 仁孝 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

境界杭と建築確認についてですね。

2010/12/17 09:45

はじめまして。

「さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所」
不動産コンサルタントの松本です。

気づいた点につきまして、書かせていただきます。

当時は、行政庁によって、
建築確認が行われていたものと思います。

その建築確認を受けてから、
土地について、分筆等が行われた結果、
境界が定められて、杭が打たれたという経緯が、
あったのではないかと推察しております。

まず、建築確認を行政庁から受けてから、
土地の境界を決めた場合においては、
あなたがご質問されているような事態が起こり得るのです。

建築確認行為と境界の合法性とは、
必ずしも関連していないのだと、お考えください。

土地の境界について、
不明な点がおありであるならば、
「確定測量図」を作成されてはいかがでしょうか。

確定測量図を作成するには、
あなたの叔父が所有されていた土地に、
隣接しているすべての所有者が立ち会うことにより、
境界についての確認作業を行います。
その確認作業に基づいた測量図に、
すべての隣地所有者の署名、及び、実印を押印します。
その測量図に、隣地所有者の印鑑登録証明書を添付されたものが、
確定測量図となって、境界が確定した状態になります。

非協力的な隣地所有者の方がおられたりしますと、
署名押印や印鑑登録証明書の添付に手間取ってしまい、
数か月を要する場合もあります。

今後のトラブルを未然に防ぐためにも、
作成されておかれてもいいように思っております。

少しでも、あなたのお役に立てていれば、幸いです。


 行政書士 不動産コンサルタント  松本 仁孝

 

境界
分筆
測量
確認行為
土地

回答専門家

松本 仁孝
松本 仁孝
( 大阪府 / 行政書士 )
さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所 代表者

離婚 相続手続き 事業承継等 プランニングやご相談を承ります。

離婚、相続手続き、家計の見直し、不動産についての相談。また、知的資産経営や事業承継についての経営相談をお受けしていて。気づかされるのは、綿密なプランを作成することの重要性です。行動される前段階でのあなたに役立つプランづくりを応援しています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

境界杭と建築許可について

住宅・不動産 住宅検査・測量 2010/12/14 21:05

叔父の家の屋根が境界杭からはみでています。
叔父はすでに亡くなっており、詳しいことがわからないのですが、
屋根と境界杭が問題になっています。

叔父の家は、昔からある家ですし、建築許可をもら… [続きを読む]

sunflower0428さん (北海道/35歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

境界杭と建築許可について sunflower0428さん  2010-12-14 20:59 回答2件
分筆と既存不適格について がむてさん  2015-01-28 12:11 回答3件
地盤調査に関して katou_2012さん  2013-12-08 09:50 回答1件
隣地にマンションが建つのですが・・・ コッペはんちょさん  2010-01-22 12:22 回答1件
土地の地下水 mayuichiroさん  2009-09-02 20:48 回答1件